話題の検索:
トラックバック・ピープル/ホビー/趣味・コレクション
貝殻
(トラックバック数:168、ID:10453) ( 05月25日 22時44分 更新)



貝殻の写真や話題を書いた記事を、どんどんトラバックください。ビーチコーミングで見つけた貝殻や、貝殻を使ったハンドメイド作品の紹介も、お待ちしています。
トラックバック先URL: 

168件中  101120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

ピンクの似合う人 [Point of Focus から]
岩場でも岬の反対側でもない海岸。 この緑のは良く見るけれど、もしかしてモダマか何かの漂着豆が芽吹いたものなのかな? 小さなヒメルリガイを目にして、もしや・・・と思って気をつけて歩いてみると、サイズは小さいけれどアサガオガイやルリガイもぽつぽつと見られる。 大量漂着というわけではないけれど、いつでも見られる貝殻ではないので運が良かった。 写真のルリガイと思しきものは特に筋が表面に目立っていたのでパチリ。 小さめのブルーボトル(カツオノエボシ)も上がっていたけど、そ  続きを読む
Date: 2011-08-06 19:50 ID: 20214768

green & gold [Point of Focus から]
寒さもそろそろ峠を越えた感のある昨今。 砂浜に出ると暖かくて上着を脱ぐほどだ。 約1ヶ月ぶりに岬の反対側をチェックしてみると、前回ほどではないにしろ波打ち際に貝殻(やその破片)が打ち上げられている。 この程度だと夏なら歩いてささっとチェックするくらいだけど、今の時期は座り込んでじっくり観察できる。 しゃがんで初めて見えてくる貝殻も沢山あるのです。 Wentletrapを大小数個見つけることが出来た。 いつ見つけてもうれしい貝殻の1つだ。 このザクロガイの仲  続きを読む
Date: 2011-08-04 14:18 ID: 20208573

タカラガイ日和 [Point of Focus から]
岬の反対側では条件が揃わないとタカラガイに関してはは欠片以外はめったに落ちていないので7月9日は各種タカラガイが拾えて正直驚いた。 過去の記事を見返してみると、ここではニセサバダカラ?を比較的頻繁に拾っているようだ。 ツマベニ?ツマムラサキ?だからも岩場よりこちらの方が拾う機会が多い印象がある。 シラタマガイはかつて拾ったことのあるアラスジシラタマにまた出会えないかと思うんだけど、なかなか・・・。 マメウサギや隣のかわいいピンクの貝もこちらでしか出会ったことが無い。 ピンクの  続きを読む
Date: 2011-07-14 15:59 ID: 20146947

凸凹ウニ [Point of Focus から]
遅ればせながら、2ヶ月前(5月15日)に拾った貝殻の写真を・・・(汗)。 こうして見てみるとバラエティに富んでいて、なかなか良し。 ツマムラサキメダカラとツマベニメダカラはいまだに違いが良くわからない。写真の貝はどっちなんだろう。 Paper bubble(ミスガイ)は欠けていないものが拾えました。 ボコッと凹んだマメウニの仲間。 こうして変形したもののは珍しいようでいて実は頻繁に見つかります。   続きを読む
Date: 2011-07-13 15:14 ID: 20143719

予想外の大収穫 [Point of Focus から]
岬の反対側に行くと、先週とは違って波打ち際に大きな貝溜りが出来ていた。 一見、海藻や貝殻の欠片だらけに見えるけれど、こういうところにお宝はまぎれているのだ。 最初は地味にマメウニやシラタマガイ、コシラタマ、カメガイなどここで拾える貝の定番が中心。 打ち上げられている木の枝を使って海藻をよけてみると、ちらほら磨耗したメダカラなどが目に付き始めたと思ったら、いきなりクロダカラが姿を現した。 そして、そこから20cmくらい離れた場所でサバダカラ?サバダカラモドキ?も発見。   続きを読む
Date: 2011-07-09 19:09 ID: 20132322

花びらコロニー [Point of Focus から]
ピクニックへ行くと、Vintage Car Clubか何かの会合でもあったのかクラシック・カーを5台くらい見かけた。 今日は風もなく、絶好のピクニック日和だ。 砂だらけになる前に昼食をピクニックテーブルで食べて、いざ海へ。 ここはGold ring cowry(ハナビラダカラ)のいるポイントなのだけど、最近は全くチェックしていなかった。 いるかしら・・・と岩の間などを探してみると、いました! 一時はいなくなってしまったのかなと思うくらい見かけなかったのに、今日はこ  続きを読む
Date: 2011-05-01 18:13 ID: 19918048

A day on the beach [Point of Focus から]
昨日はブッシュ(森)だったので今日は海。 もちろん、遠くの駐車場に止めて娘は自転車も楽しむ。 太陽に少し雲がかかっていて、日差しが弱まって快適だ。 Tシャツと短パンという姿で遊んでいた娘は結局海に入りたがったので、その場で念のため持ってきていた水着に。 夏真っ盛りと比べるとやっぱり少し水温は落ちるけど、そんなことはお構いなしだ。 いい具合に波打ち際に貝溜りができていたので、久々の貝殻拾いも楽しむことができた。 貝殻の大きさの比較ができるようにあえて全て一緒にして  続きを読む
Date: 2011-04-24 14:44 ID: 19896621

沖縄 32/ 備瀬で拾った貝 1 [尖晶石ノート から]
1から見る 備浜原海岸で拾った貝です。 下に敷いているのは備瀬の砂です。 274. 275. サラサバテイ 更紗馬蹄螺 沖縄名タカセガイ  Tectus niloticus 古腹足目ニシキウズガイ上科ニシキウズガイ科 奄美諸島以南、西太平洋 殻高64mm 成長すると15センチにもなるシッタカの仲間です。 身は食用として珍重され、殻は貝ボタンの原料にされます。 276.  チョウセンサザエ 朝鮮栄螺  Turbo argyros...  続きを読む
Date: 2011-03-06 01:45 ID: 19765772

新年早々、青い貝に遭遇 [Point of Focus から]
夕方に2011年初となる海へ。 いつもの場所より1km以上南だけれど、ひと続きの砂浜だ。 クリスマス以上に海草がたくさん打ち上げられており、近づいてみてみるとブルーボトルやアサガオガイが海草に絡まっていた。(*上の写真にもアサガオガイが写っています) でも、なぜかブルーボトルもアサガオガイも小さいものばかり。 新年早々、アサガオガイ(それも小さいやつ)をきれいにする気にはなれなかったので写真だけ・・・。 それにしても、今年初の海でアサガオガイに会えるなんて、幸先が  続きを読む
Date: 2011-01-02 19:47 ID: 19561029

雨の合間に [Point of Focus から]
お昼ごろ、ちょこっと海へ行くと、荒れた海の名残が残っていた。 少し前にブルーボトルが寄せられているとニュースで聞いたので、青い貝殻があるかなと思ったのだけど、それはなく、沢山のイカの甲に混じってトグロコウイカが落ちていた。 写真の通り欠けていたり、折れてしまっているのも多かったけど、初期室がきれいに残っているのもいくつか。 大きなブルーボトルは一切打ち上げられていなくて、小指の先にも満たない小さいブルーボトルが気をつけていると目に入るくらい。 実は狙いは漂着豆だったのだけど  続きを読む
Date: 2010-12-08 19:27 ID: 19484844

Soggy Start [Point of Focus から]
夏も始まり、さんさんと輝く太陽の下、岩場での貝殻拾いの収穫を・・・と言いたいところだけど、雨ばかり。 中には洪水で避難勧告が出ている地域もあったりして、すごいことになってます。 というわけで、貝殻拾いはとんとご無沙汰ですが、10月11月の収穫をアップ。 岬の反対側での収穫なので小さな貝殻がメインです。 定番のシラタマガイ。 写真には全てが収まっていないけど、一番大きいもので10.68mm、一番小さいもので6.05mm。 コロコロとしていてかわいいコシラタマ。 横からも  続きを読む
Date: 2010-12-07 20:11 ID: 19481428

サーモンピンクの水玉 [Point of Focus から]
5月16日に後日アップすると言いながら、1ヶ月以上経ってしまった(汗)。 本当に月日が経つのは早い。 あの日の大収穫とは6つの点のあるウミウサギ系の貝殻でした。 これは岩場では拾えず、岬の反対側で、それもごくたま〜にしか出会えない貝殻のひとつ。 小さな貝殻だけど、白にサーモンピンクの点がどことなくかわいい雰囲気。 他には写真にもあるどら焼きのような漂着豆やシラタマガイ、マメウニの仲間などでした。 ハンバーガービーンがあるのなら、これはどら焼きビーンで(笑)。 この漂着豆がどら  続きを読む
Date: 2010-06-28 20:44 ID: 18922305

半年前のものになるけど・・・ [Point of Focus から]
昨年末から2月くらいまで沢山打ち上げられていた時に拾ったアサガオガイ。 アサガオガイのひとつ(2段目右)は一見ルリガイとアサガオガイのかけ合わせののような風貌をしている。 ヒメルリガイもいつくか。 一番大きいアサガオガイと一番小さなヒメルリガイを隣に並べてみるとこれだけの違いがある。 ヒメルリガイは本当に小さくて一見見つけるのが大変そうに思えるかもしれないけど、色が濃いので(打ちあがってさえいれば)結構簡単だ。   続きを読む
Date: 2010-06-28 16:03 ID: 18921532

貝合わせを作ってみました 桜貝の季節に   [時空を超えて から]
お雛祭りに食べたハマグリ。大きな殻をつくづく眺めていると、ゴミとして捨てるにはもったいない。ハマグリが何年もかかってここまで大きくなったのですから。 そこで平安朝にさかのぼるという優雅な遊び、貝合わせの貝にしようと色を塗ることにしました。 いとたわむれに、そんなことを思いついた私。絵の具や筆を広げ、絵を描くのは何年ぶりでしょうか。昔は少し絵を描いていたことがあります。へたなので気が引けますが、一応、これでも貝合わせの貝のつもり。 こんなものができあがりました。  続きを読む
Date: 2010-04-21 20:39 ID: 18661373

After Olga [Point of Focus から]
Giant Tideで潮が引くので岩場をチェックしてみるも波が目の前でブレイクしていて期待できそうになかったので、岬の反対側へ。 漂着物は多くはなかったのだけど、サイクロンの影響で荒れていたためか青い貝殻がぽつぽつ。 最近青い貝殻に遭遇する機会が多い中なぜかルリガイだけは別で、久々に見かけて誘惑に負けそうになりながら散策。 普段沢山落ちているシラタマガイやマメウニはほとんどなく、数は多くないものの、アサガオガイ、ルリガイ、ヒメルリガイ、ギンカクラゲ、カメガイ、トグロコウイカといった浮遊組  続きを読む
Date: 2010-02-03 20:11 ID: 18327749

忘れかけていた当たり前のこと [Point of Focus から]
飽きもせずにまた夕方にビーチへ。 昨日に比べるとブルーボトル(カツオノエボシ)が圧倒的に少なく、アサガオガイなどの青い貝殻はあまり期待しないで歩いていたんだけど、落ちていましたよ、意外にも。 でも、延々と続く海岸線でもブルーボトルやアサガオガイが打ち上げられている場所は限られていて、落ちていない場所では全く落ちていない。 何が言いたいのかというと、最初にチェックした場所で何もなくても20m先にはアサガオガイがぽつぽつ落ちていたりするということ。 潮や風、地形によって貝殻が打ち寄せられる  続きを読む
Date: 2010-01-24 21:29 ID: 18282350

砂まみれの人 [Point of Focus から]
昨日のニュースで今日はブルーボトル(カツオノエボシ)に注意ということだったので夕方ビーチへ。 干潮時間に近かったのか潮が結構引いていて、波打ち際を歩いてみるも姿がない。 そこで、もう少し上のラインを歩いてみると・・・ アサガオガイ写真 こんな具合。 新鮮なものではなさそうなので持ち帰りはせず、近くに落ちていたものを集めてパチリ。 真ん中のはサイズも大きく立派で欠けもなかったのでちょっと迷ったけどね。 何しろ風が強かったのでブルーボトルも貝殻も砂に埋もれてしまっている感じだった  続きを読む
Date: 2010-01-17 21:08 ID: 18251386

2009年最後のビーチコーミング [Point of Focus から]
昨日のニュースでブルーボトルが来ているというのを聞いて、夕方ビーチへ行ったらビンゴ! 一昨日の砂浜とは打って変わって面白いものが目白押しだった。 降り立ってまもなく目に入ってきたのがトグロコウイカ。 今まで見た中で一番大きなクラゲ(50cmくらい)の打ち上げまであった。(*ブルーボトルと小さな透明のクラゲ以外はあまり打ち上げられない) ブルーボトルもたくさん打ち上げられているので、周りをよく見てみるとアサガオガイも点在しているではないか! サイズはそれほど大き  続きを読む
Date: 2009-12-31 18:13 ID: 18184083

記録に残したい貝殻 [Point of Focus から]
小さいし珍しい貝殻でもなんでもないけれど、模様の美しさでこの上を行くものがあるのか?と思わされるサラサバイ。 下の写真は10月17日に岬の反対側へ行った時に写真を撮ることを念頭に拾ってきたものの一部。 たくさん落ちているので邪険に扱ってしまいがちだけど、こうして見ると同じ模様は二つとなく、もう2度と見ることのできないこの美しさを記録として残さなくては・・・と思ってしまうほどだ。   続きを読む
Date: 2009-12-15 19:41 ID: 18121173

12月13日の収穫 [Point of Focus から]
久々に拾ったと先日書いたのはCaurica Cowry(カバフダカラ)。 このポイントは砂浜でメダカラ以外あまりタカラガイにはお目にかからないのだけど、この日は大きな貝だまりができていてタカラガイは全てそこで見つけた。 状態がいいとはいえないけど、頻繁にお目にかかる貝殻ではないので良し。 このポイントならではの楽しみは小さな小さな貝殻たち。 岩場でも極小の貝は落ちているのだろうけど、大きいものにばかり目が行くので見えてこないのよね。 写真のマメウニの仲間が2mm強、シラタマガイの仲間  続きを読む
Date: 2009-12-15 19:37 ID: 18121148

168件中  101120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード