話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/書籍
貫井徳郎ピープル
(トラックバック数:46、ID:01047) ( 10月09日 07時17分 更新)



今、最も勢いのある貫井徳郎さんの話題で勝手に盛り上がりたいです。貫井徳郎さんの書評やその他なんでも貫井さんに関連するエントリーであればお気軽にトラックバックいただければと思います(^^;。
トラックバック先URL: 

46件中  120件を表示) 1 2 3 次のページ

スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

貫井徳郎「鬼流殺生祭」 [ご本といえばblog から]
貫井徳郎著 「鬼流殺生祭」を読む。 このフレーズにシビれた。  事件に限らず世のすべての事象には、始まりとともに結果が含まれているはずなんです。人間は生まれたときから死が約束されている。出会いは別れと表裏一体だ。だから今度の事件だって、起った瞬間にその結末は...  続きを読む
Date: 2010-10-09 07:17 ID: 19280855

貫井徳郎「迷宮遡行」 [ご本といえばblog から]
 もし後東が先にべろべろにならなかったなら、おれはきっと後で思い出すと死にたくなるほどべそべそと泣き、醜態を晒しただろう。だからおれは、そんな暇を与えてくれなかった後東に感謝すべきなのだった。 [巷の評判] 推理小説〜粛々と記す読後記録〜では, 「パラパラペ....  続きを読む
Date: 2010-09-19 15:49 ID: 19211187

貫井徳郎「失踪症候群」 [ご本といえばblog から]
貫井徳郎著 「失踪症候群」を読む。 このフレーズにシビれた。  恐ろしくて一睡もできないと思っていたが、気づいてみればすっかり眠り込んでいた。 [巷の評判] 闘争と逃走の道程では, 「おそらく娯楽小説として一定の水準は達成しているでしょうが、読む前の期待が大きか...  続きを読む
Date: 2010-06-12 18:34 ID: 18862348

貫井徳郎「神のふたつの貌」 [ご本といえばblog から]
貫井徳郎著 「神のふたつの貌」を読む。 このフレーズにシビれた。  お父さん、ぼくは今夜、人をひとり救ってきました。 [巷の評判] りょーちの駄文と書評では, 「うーむ。何故あまり心に響かなかったのか・・・」 読んだ本についてでは, 「作中に仕掛けられたトリック....  続きを読む
Date: 2010-05-30 21:02 ID: 18811467

貫井徳郎「プリズム」 [ご本といえばblog から]
貫井徳郎著 「プリズム」を読む。 このフレーズにシビれた。  山名の自信たっぷりの口調に、僕はたちまち不安になった。こんな言い方をする場合、山名が間違っていることはまずないのだ。山名は天気の話でもするように、あっさりと続けた。 [巷の評判] 苗坊の徒然日記では....  続きを読む
Date: 2010-05-03 08:43 ID: 18705544

貫井徳郎「天使の屍」 [ご本といえばblog から]
貫井徳郎著 「天使の屍」を読む。 このフレーズにシビれた。  そうです。子供には子供の論理があります。それは大人の世界では通用しない、子供たちだけの論理です。その論理は大人の目からすれば理不尽にも、また正当性を欠くようにも見えるのでしょうが、子供には法律以上...  続きを読む
Date: 2010-04-25 10:11 ID: 18675072

迷宮遡行/貫井徳郎 [ミステリ小説のススメ から]
迷宮遡行 (新潮文庫)(2000/10)貫井 徳郎商品詳細を見る 【あらすじ】 平凡な日常が裂ける----。突然、愛する妻・絢子が失踪した。置手紙ひとつを?...  続きを読む
Date: 2010-04-17 22:16 ID: 18645484

天使の屍/貫井徳郎 [ミステリ小説のススメ から]
天使の屍 (集英社文庫)(2009/02)貫井 徳郎商品詳細を見る 【あらすじ】 思慮深かった中学二年の息子・優馬がマンションから飛び降り、自殺を遂げ...  続きを読む
Date: 2010-03-17 00:59 ID: 18520545

慟哭/貫井徳郎 [ミステリ小説のススメ から]
慟哭 (創元推理文庫)(1999/03)貫井 徳郎商品詳細を見る 【あらすじ】 連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批...  続きを読む
Date: 2010-03-01 18:55 ID: 18450210

神のふたつの貌/貫井 徳郎 [1日1冊読書日記 から]
神のふたつの貌 (文春文庫)/貫井 徳郎 ¥620 Amazon.co.jp 【【あらすじ】】 ?神の声が聞きたい。 牧師の息子に生まれ、一途に神の存在を求める少年・早乙女。 彼が歩む神へと到る道は、同時におのれの手を血に染める殺人者への道だった。 三幕の殺人劇の  続きを読む
Date: 2007-11-10 23:50 ID: 11872156

愚行録/貫井 徳郎 [ミステリ小説のススメ から]
【あらすじ】 一家を惨殺した≪怪物≫はどこに潜んでいたのか? さまざまな証言を通して浮かび上がる家族の肖像、そして人間たちの愚行のカタログ。痛切にして哀切な、『慟哭』『プリズム』を凌駕する著者の真骨頂的作品、ついに登場!     (「amazon.co.jp」より) 【感想】 うひゃ・・・・読書後、言葉なし。あまりにも凄まじくおぞましく哀しすぎました。おぞましすぎて涙は出ません。だけどやるせな〜い気持ちになりますよん。 一家3人惨殺事件が起こり、その事件をルポしているライターがしたインタビュー  続きを読む
Date: 2007-07-05 17:44 ID: 7811207

貫井徳郎『ミハスの落日』 [こんな夜だから本を読もう から]
 重厚な長編が多い貫井さんの新作は、小説新潮を中心に掲載された短編集です。  読んでみて意外だったことが2つ。 1.海外を舞台とした短編集だということはわかっていたけれど、登場人物も現地の人。当然といえば当然だけれど、日本人が中心だと思い込んでいました。 2.実  続きを読む
Date: 2007-03-13 10:26 ID: 4873232

貫井徳郎 「鬼流殺生祭」 [ミステリ小説を読む! から]
『原因があれば、必ず唯一無二の結果がある、というのがラプラスの説です。その黄金の法則が、ラプラスの悪魔と呼ばれている。いいですか、全知全能の存在は神ではなく悪魔と呼ばれるのですよ。』 日本の文明開化の幕開けともいえる、維新の新たな息吹と喧騒燻る東京を舞台に、  続きを読む
Date: 2007-02-16 21:41 ID: 4681306

マニモナムーンを追いかけて。 [◆卯月物語〜モモンガ猫とウサギ猫とえっ?sei・・・ から]
コンニチハ、本日2つ目の記事です☆ 100円ショップで砂時計を買って、結局はモナさんに 倒され、砂が滴るのに3分以上はかかって苦笑いの私です♪ まぁ、実際、私の「時間」はマニモナさんの体内に宿っている ようなものです.  続きを読む
Date: 2006-10-11 23:09 ID: 3778191

[review]貫井徳郎『被害者は誰?』 [こんな夜だから本を読もう から]
 ある大邸宅の庭から白骨化した死体が掘り出された。家主は殺人をしたことは認めたが、その死体が誰なのかという点については黙秘を貫いている。困った捜査一課の桂島刑事は大学の先輩である吉祥院慶彦に相談した。美貌の超人気ミステリ作家であることに加えて、優れた推理  続きを読む
Date: 2006-05-24 11:21 ID: 2793898

悪党たちは千里を走る [Orange *non* Fiction から]
悪党たちは千里を走る著者:貫井徳郎(光文社)詐欺師の高杉篤郎と高杉をアニキと慕う園部のふたりは、田舎の成金に埋蔵金の話を持ち掛けるが、三枝という美女に邪魔され失敗に終わる。その後、園部が金持ちのペット...  続きを読む
Date: 2005-11-03 14:33 ID: 1308709

愚行録/貫井徳郎 [積読攻略日記 から]
世の中に対するやりきれなさや、不快感を書くのが得意な作者 (明るめの作品を読んでないだけ、というのもありますが)。 普段作品を読む上で出来れば避けて通りたいはずなのに、 文体が読みやすいのであっという間にページを繰っていて 最後にはとても暗澹とした気分に  続きを読む
Date: 2005-10-23 01:29 ID: 1235977

貫井徳郎:「被害者は誰?」 [りょーちの駄文と書評とアフィリエイト から]
被害者は誰?posted with amazlet at 05.09.22貫井 徳郎 講談社 (2003/05)売り上げランキング: 60,957おすすめ度の平均: 貫井氏の新たな一面 じっくりと読み解くミステリー ユーモア感溢れる作品です。Amazon.co.jp で詳細を見る りょーち的おすすめ度: こんにちは。あし.  続きを読む
Date: 2005-09-22 17:38 ID: 1055248

貫井徳郎 症候群三部作 [sally's Blog から]
読み応えがあると噂に聞いていた、貫井徳郎の「症候群三部作」、先日まとめて買ってきてしまいました! 忙しいといいつつ、トイレ、お風呂、寝る前のベッドの中…と細切れの時間を使って、とりあえず第1弾の「失踪症候群」読破です。貫井作品はデビュー作の「慟哭」以来。  続きを読む
Date: 2005-09-04 09:27 ID: 956052

「症候群」シリーズ [Man-made Pops から]
 本屋で見つけて突発的に購入。シリーズ前2作の「失踪症候群」「誘拐症候群」もあわ...  続きを読む
Date: 2005-08-25 22:50 ID: 910288

46件中  120件を表示) 1 2 3 次のページ




「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード