話題の検索:
トラックバック・ピープル/科学/生物
生命・生物
(トラックバック数:35、ID:11067) ( 04月28日 11時01分 更新)



生命や生物に関する情報や意見を、自由に交流しましょう。 生き物の話題から、古生物、遺伝子から分子生物学まで、とにかく生き物関係はどんなことでも、語り合いましょう。
トラックバック先URL: 

35件中  120件を表示) 1 2 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

ゲノム編集食品は安全か? [孝信's Photoブログ から]
遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」という技術を使った食品が、早ければ今夏にも市場に流通することになった。厚生労働省が18日、ゲノム編集で開発した一部の食品は従来の品種改良と同じであるとして、同省の安全審査を受けなくても届け出だけすれば流通を認める方針を固めた。ただゲノム編集食品を巡っては安全性を疑問視する消費者もおり、正しい情報を伝える食品表示のあり方などが課題になりそうだ。 遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」という技術を使った食品が、早ければ今夏にも市場に流通することになった。厚生労働&#8  続きを読む
Date: 2019-04-28 11:01 ID: 24301064

ヨツカドヒラフジツボ [壜忘備録(仮) から]
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM コレも、前回と同様もっと拾ってると思ったのに、何度数えても四つしかない という不思議仕様であるため、大変遺憾ながら仕方なく四つで勝負に出る羽目 になりました。一体何の勝負なのかは知りません。 という訳で、甲殻類です。フジツボです。今まで出遭ったフジツボたちの中で 一番の自分ヒット作、ヨツカドヒラフ...  続きを読む
Date: 2019-01-29 20:49 ID: 24290247

蜂ノス [壜忘備録(仮) から]
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM 最近、軒下で制作されていた蜂の巣を回収しました。今回のブツは海や土とか アンティークとかとは関係ない、このブログでは異端なモノですが、博物的な モノは大歓迎だし、特に小さい方の蜂の巣が、あまりにも大変恐ろしくベタな、 つまり普通蜂の巣をどんなものか連想した場合、こんな感じだよね?って形状 そのまん...  続きを読む
Date: 2018-09-27 23:45 ID: 24273075

フリーク 壹 [壜忘備録(仮) から]
Canon EOS Kiss X2 + EF100mm F2.8L IS USM 気がついたらもう十月が終わろうとしていて、大層驚きました。 何か一つ位UPしておきたいけど、とにかく写真撮る気力がない・・・ そんな訳で、既に写真撮ってはあるけど、いつUPしようかな・・と思っていた ヤツを一つUPしておこうと思います。っていうか、実際に写真見たらかな〜り イマイチで、結局撮り直し...  続きを読む
Date: 2017-10-29 23:29 ID: 24219654

遺伝子組み換え食品は本当に安全か? [いざっ!へうげもの から]
2015年5月、48カ国、400都市以上で2015年5月に世界的規模のモンサント社による遺伝子組み換え(GMO)反対するデモが開かれた。http://shinhakken-blog.seesaa.net/article/421558369.html その記事に対し、ツ ...  続きを読む
Date: 2016-02-20 06:19 ID: 23818163

マーリーン・ズックさんの 「私たちは今でも進化しているのか?」 [古希じいの 「食べる話」 から]
マーリーン・ズックさんの 「私たちは今でも進化しているのか?」 を読んだ。翻訳は渡会圭子さん。2015年1月26日文藝春秋刊 328頁 1,944円。 画像クリックで拡大表示 著者 Marlene Zuk さんは、カリフォルニア大学サンタバ  続きを読む
Date: 2015-04-26 07:02 ID: 23383502

丸山宗利さんの 「昆虫はすごい」 [古希じいの 「食べる話」 から]
丸山宗利さんの 「昆虫はすごい」 を読んだ。2014年8月7日光文社刊光文社新書 248頁 842円。著者は1974年生まれで、北大大学院農学研究科博士課程を卒業した農学博士。シカゴのフィールド自然史博物館研究員を経 て、2008年より九大  続きを読む
Date: 2015-04-11 07:01 ID: 23358879

ATS 様、ありがとうございました。やはりフタツメオオシロヒメシャクでした [古希じいの 「食べる話」 から]
去年10月13日の 台風19号と2014年秋の盛りが近づいた で書いた記事の一部を引用する。 朝、庭に出てみるとライラックの葉に、チョウがへばりついていた。緑の葉に白い羽根が目についた。かなり接近しても逃げようとはしなかった。 10月7日、  続きを読む
Date: 2015-02-28 07:02 ID: 23291006

池田清彦さんの 「なぜ生物に寿命はあるのか?」 [古希じいの 「食べる話」 から]
池田清彦さんの 「なぜ生物に寿命はあるのか?」 を読んだ。2014年8月4日PHP研究所刊PHP文庫 236頁 605円。著者は1947年、東京生まれの生物学者。東京教育大理学部生物学科卒。東京都立大大学院生物学専攻博士課程修了。 画像クリ  続きを読む
Date: 2015-01-10 07:01 ID: 23208458

川田順造さんの 「〈運ぶヒト〉の人類学」 [古希じいの 「食べる話」 から]
川田順造さんの 「〈運ぶヒト〉の人類学」 を読んだ。2014年9月20日岩波書店刊岩波新書 208頁 778円。著者は1934年東京生まれで、東大教養学科文化人類学分科卒業、パリ第5大学民族学博士。東京外大アジア・アフリカ言語文化研究所教授  続きを読む
Date: 2014-12-03 05:49 ID: 23149553

鈴木英治さんの 「植物はなぜ5000年も生きるのか?寿命からみた動物と植物のちがい」 [古希じいの 「食べる話」 から]
鈴木英治さんの 「植物はなぜ5000年も生きるのか?寿命からみた動物と植物のちがい」 を読んだ。2002年3月20日講談社刊ブルーバックス新書 240頁 950円。著者は1953年、静岡県生まれ。千葉大理学部生物学科卒。 画像クリックで拡大  続きを読む
Date: 2014-11-02 07:01 ID: 23099853

田中修さんの 「植物はすごい 生き残りをかけたしくみと工夫」 [古希じいの 「食べる話」 から]
田中修さんの 「植物はすごい 生き残りをかけたしくみと工夫」 を読んだ。2012年7月24日中央公論新社刊新書 236頁 907円。著者は1947年、京都に生まれ。京大農学部卒。同大学院博士課程修了。米スミソニアン研究所博士研究員などを経て  続きを読む
Date: 2014-09-01 19:31 ID: 22993330

雪男は古代ホッキョクグマの子孫?DNAが完全一致 [大雑把に形而上 から]
 記事文中では古代ホッキョクグマに関することを盛んに取り上げてますが、古代ホッキョクグマが現存種のクマと交雑していたというのはまた別の話題であって、雪男という未知生物が存在するか否かという最大の争点は要するに、雪男はクマだったということでです。  続きを読む
Date: 2013-10-18 20:37 ID: 22452088

セミ物語 [古希じいの 「食べる話」 から]
8月4日のセミの季節がやってきたと8月13日のわが家の夏、ナンキンハゼ、オリヅルラン、モミジアオイ、セミとで、セミのことは書いたのだが、今回はその続編みたいなものだ。 セミは樹液を吸うカメムシ目 (半翅目) に属している。この 「目」 は、  続きを読む
Date: 2013-08-22 07:01 ID: 22372195

急上昇ワード:「マルミミゾウ」 [地球に恋する研究者〜生物多様性の未来〜 から]
これまでこのブログの検索ワードランキングでは、 「絶滅危惧種 一覧」 「絶滅動物 数」 「準絶滅危惧種」 が常に上位を占めてきたのですが、最近の傾向では、 「マルミミゾウ」 「まるみみぞう...  続きを読む
Date: 2013-04-12 19:13 ID: 21997613

金を生む細菌 [大雑把に形而上 から]
 画像のような金塊を生むわけではありませんが、記事を読む限り”金を生む”という表現は正しいようです。自然というのはまだまだわからないことがあるんですね。  続きを読む
Date: 2013-02-04 14:41 ID: 21504592

カーニバルと盆踊り? [猫の覗き見 から]
謝肉祭と訳されることの多いカーニバルは、もともとカトリックなど西方教会の文化圏で見られる、四旬節の前に行われる通俗的な節期です。 謝肉祭は、各国で次のように呼ば  続きを読む
Date: 2012-09-07 14:01 ID: 21115771

輪踊り [猫の覗き見 から]
集団で踊る様式の一つに、輪踊りがあります。  輪踊りと、日本でいえば、連想するのは盆踊りですね。  盆踊りと言えば、行列型や行進型と呼ばれる、阿波踊りやおわら風  続きを読む
Date: 2012-09-07 14:01 ID: 21115761

サークルダンス [猫の覗き見 から]
集団で踊る場合、いろんなパターンがあります。  ショーとして踊る場合もありますね。 今は、自分たちの楽しみとして踊る場合を、考えます。 社交ダンスのように、ペア  続きを読む
Date: 2012-09-07 14:00 ID: 21115760

巫女舞 [猫の覗き見 から]
古代日本において、祭祀を司る巫女自身の上に神が舞い降りるという神懸りの儀式のために行われた舞がもととなり、それが様式化して祈祷や奉納の舞となりました。 古神道に  続きを読む
Date: 2012-09-07 14:00 ID: 21115759

35件中  120件を表示) 1 2 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード