話題の検索:
トラックバック・ピープル/スポーツ、レジャー/スポーツ
東レアローズ
(トラックバック数:9、ID:11412) ( 09月18日 19時02分 更新)



 女子バレーボールVプレミアリーグで滋賀県大津市に本拠を置く東レアローズに関する情報。チームや選手に関することなどをどうぞ。
トラックバック先URL: 

9件中  19件を表示)
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

全日本女子バレー:多様な人材が戦術をつくる [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:女子バレー  先の記事までは今年の全日本のメンバを前提に考えてきましたが、来年になると長岡悠望や古賀紗里那といった選手が加わり、チーム構成また変わってきます。このあたりどう対応するかを考えなくてはいけないのですが、特に長岡をどう使うかが重要になってきます。   続きを読む
Date: 2017-09-18 19:02 ID: 24210520

全日本女子バレー2015:真鍋監督は新戦術を諦めたのか [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:女子バレー  全日本女子バレーの記事はかなり無沙汰になってしまいました。今年その活動は始まっていましたが、私自身書くべきことがなかったからです。というのも昨年Hybrid6という新戦術を披露して、今年どれだけ発展するのかを楽しみにしていたのですが、今年のここまでの取組みは標準的なバレーをしていて、弱い相手には安定的に勝つ一方、強い相手にはこれまた安定的な負けとなっていますので、私にしてみたら何とも味気なく思っていた次第です。   続きを読む
Date: 2015-08-18 19:17 ID: 23576563

東レ・アローズ2014-5:ファイナル6敗退は必然的な結果 [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:Vリーグ  現在バレーボールのVプレミアリーグは男女とも上位6チームで争われるファイナル6のラウンドに入りました。そして各チーム2〜3試合消化した時点で、女子の東レ・アローズが早くも敗退が決まってしまいました。リーグは始まる前は、木村沙織が復帰して優勝候補だと言われていましたが、昨年からの東レの戦い方を見てきていると、私にはそう思えなかったです。憂慮していた通り私がリーグ開始前に示したがっかりフォーメーションでスタートしました。私はこの時に既に今年の東レの低迷を予想したのです。   続きを読む
Date: 2015-03-10 10:41 ID: 23307179

東レ・アローズ2014-5:ニューヒロイン野村明日香の誕生 [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:女子バレー  1月31日(土)にVプレミア・リーグ女子の富山大会に行って来ました。男子や女子ならチャレンジ・リーグしか富山ではなかなか観戦できないなかでの、貴重な開催となりました。因みに翌日曜日も試合がありましたが、こちらは集落の行事の為に断念。買っていたチケットは伯母に譲りました。行ってくれていればいいと思います。   続きを読む
Date: 2015-02-02 12:43 ID: 23246668

デンソー・エアリービーズ2014-5:選手の特徴を活かしたSP5plus1はいかがかな [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:Vリーグ  Vリーグが始まりました。全日本から継続して女子の戦いぶりに注目してきてきましたが、昨年優勝を争った久光製薬スプリングスと岡山シーガルズは共に5連勝と好調なのに対して、苦しんでいるチームが2つあります。ひとつは東レアローズでもうひとつはデンソー・エアリービーズです。東レに関しては自業自得なところがあります。メンバの殆どは全日本の新戦術でポジションにとらわれないバレーをやってきたのに、チームに戻ってから古臭い戦術の型に嵌まったバレーをやらされている。こんなことで勝てると考え  続きを読む
Date: 2015-01-02 16:42 ID: 23196688

東レアローズ2014-5:本来なら全日本の新戦術の進化を担わなければいけないのだが [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:Vリーグ  私は特に東レアローズ・ファンという訳ではありませんが、昨年は随分と問題点を指摘したものです。WSの選手の方がMBの選手以上にアタック決定率が高いという異常な状態に対して何の改善も行わず、結局3位に終わってしまったのです。その結果どうだったのかというと、異常な働きをした迫田さおりや高田ありさが、全日本の世界戦を前に故障してしまい、十分なパフォーマンスが発揮できませんでした。チーム内だけならともかく、全日本に対して影響を及ぼすなど、本当にあってはならないことであったと思いま  続きを読む
Date: 2014-12-31 13:26 ID: 23193724

全日本の新戦術:迫田がクィックの練習をすることの意義 [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:女子バレー  これまで全日本の考えられる新戦術についていろいろ述べてきましたが、一気に進化する訳でもなく、ゆるやかに進化して以下の配置に落ち着きそうです。 江畑 新鍋 長岡 迫田 木村 宮下   続きを読む
Date: 2014-12-30 15:33 ID: 23192293

全日本女子の新戦術:センター木村が面白い〜レセプション・アタック時とラリー中のポジション・チェンジを積極的に使いたい [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:女子バレー  Hybrid6というのはなかなか理解し難い戦術にあるに違いありません。MBの数がどうのこうのといった考え方や、これまでのWSとMBの区別をしないだけのことでもって、単にポジションレスという観点だけでは語りきれないものがあるからです。   続きを読む
Date: 2014-12-30 15:33 ID: 23192292

全日本女子の新戦術:木村をセッター対角に使ってチームの文字通り大黒柱を形成する [中川岳志のブログ から]
JUGEMテーマ:女子バレー  ここまでMB1について述べてきましたが、全日本の戦い方をみていると、いったい誰がWSで誰がMBなのか分かりません。それどころかWSだとかMBの区別そのものが必要かどうかさえ分からなくなっています。長身セッターの宮下がセンターでブロックするということを考えると、セッターまで日本のアタッカに足りない役割を果たさせようと、チームの再編を意欲的に行っているのが伺えます。  それでもうひとつ木村がセッター対角もあり得るという話をしましたが、これはセッター対角のラインにしっかり  続きを読む
Date: 2014-12-29 16:57 ID: 23190869

9件中  19件を表示)



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード