話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/書籍
おっ!本♪
(トラックバック数:19130、ID:00187) ( 10月21日 20時06分 更新)



読んで感動した本、ほかの人にもぜひ読んで欲しい本などがあったときはトラックバックしてくださいね。感動をみんなで分かち合いましょう!(のほ本♪〜ゆこりん)
トラックバック先URL: 

19130件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

リバース(湊かなえ) [のほ本♪ から]
深尾和久は、サラリーマンとして平凡な生活を送っていた。だが、そんな彼の生活を根底から揺るがすできごとが起こる。「深尾和久は人殺しだ」と書かれた告発文が届いたのだ。実は、彼には誰にも言えない秘密があった・・・。 深尾の学生時代の仲間たち。今はそれぞれ社会人として働いているが、深尾だけではなくその仲間たちにも告発文が届いていた。 学生時代のひとり友人の事故死。それは単なる事故死だったのか?他に何か真相が隠されているのか?告発文を書いたのは誰か?今頃何の目的で?疑問が膨らんでいく。深瀬はしだいに、  続きを読む
Date: 2017-10-21 20:06 ID: 24217922

『蜜蜂と遠雷』 恩田陸 [KOROPPYの本棚 annex から]
圧倒的音楽小説。 2017年本屋大賞、第156回直木賞受賞作。 そこに至るまでの前ふりはなく、いきなり始まるピアノコンクール。 それでいて、コンテスタントそれぞれの個性や、抱えているものがきちんと描き分けられています。 読み応えのある作品でした。 弾き方や楽譜の解釈を、専門用語を駆使して説明するのではありません。 物語として、風景として、体験として、その音楽性を描いていく。 だからこそ、曲を知らなくても、ダイレクトに読み手も感じることができました。 音楽の描写が、素晴らしかったです。 長きにわた  続きを読む
Date: 2017-10-21 12:14 ID: 24217821

ねじとねじ回し(ヴィトルト・リプチンスキ) [のほ本♪ から]
「21世紀を目前にひかえて、ミレニアムを特集をするから記事を書いてくれないかな。」それが始まりだった。最高の道具について書いてくれという依頼に悩んでいる作者に、妻が言った。「ねじ回しよ!」まさか、ねじとねじ回しに壮大なドラマがあるとは・・・。興味深い歴史物語。 この1000年で最高の道具。まさかそれが、小さなねじとそれを回すねじ回しだとは思わなかった。けれど読み進めるうちに、これは本当にすごい発明だったのだと実感した。さまざまな道具の中から工夫されて生まれたねじ。最初は精度が悪く、作るのにも恐  続きを読む
Date: 2017-10-07 22:58 ID: 24214602

『風神雷神 雷の章』 柳広司 [KOROPPYの本棚 annex から]
俵屋宗達と名乗るようになった、残りの半生を描く。 『風神雷神 風の章』の続き。 後編も面白かったです。 芸術には、本人の能力だけではなく、パトロンも必要なのだ、と感じました。 一般的には金銭的支援を指しますが、宗達の場合は、刺激を与えてくれる人や、過去の名作に出会わせてくれる人。 今回であれば、烏丸光広です。 殿上人である彼の導きで、町人の宗達には本来見ることのできない、公家や寺や、はては禁中の所有物を閲覧し、そこから多くのことを学んでいく。 宗達のセンスが素晴らしいのはもちろんなのですが、その  続きを読む
Date: 2017-10-07 19:10 ID: 24214578

『風神雷神 風の章』 柳広司 [KOROPPYの本棚 annex から]
大旦那・仁三郎に絵の能力を買われ、扇屋〈俵屋〉の養子となった、伊年。 しょっちゅう自分の世界に入ってしまうため、まわりから頼りないと思われていて……。 琳派の祖・俵屋宗達の半生を描いた、歴史小説。 後半は、下巻『風神雷神 雷の章』にて。 引き込まれる物語でした。 ふだんはちょっと抜けた、とぼけた雰囲気なのに、絵に向き合うときの没頭ぶりがすさまじい。 主人公がまず、魅力的でした。 もちこまれるひとつひとつの案件が、絵師としての課題をつきつけ、自らが成長することで、伊年は新しいステージへと進んでいく  続きを読む
Date: 2017-10-03 19:02 ID: 24213656

2017年9月 読書記録 [あ、痛っ。うつをの心 から]
 ども、うつをです。 9月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:512ナ  続きを読む
Date: 2017-10-01 10:12 ID: 24213101

『猫除け 古道具屋 皆塵堂』 輪渡颯介 [KOROPPYの本棚 annex から]
借金を返すため、母と妻を村に残し、3年間の出稼ぎを勤め上げた、庄三郎。 村に戻った彼が知った事実は……。 「丑の刻参りの女」「曰く品の始末の仕方」「憑いているのは」「頭の潰れたふたつの屍体」「猫除け根付」の5編。 シリーズ第2弾。 何でも売っているはずなのに、なぜかほしいものは見当たらない。 しかも、いわくつきの品を引き取るお店・皆塵堂。 気が滅入るような現実に、ぞくぞくする幽霊のあらわれる場面。 怖い要素もあるのですが、それ以外はとぼけた味わいなので、作品全体の雰囲気としては明るいです。 幽霊  続きを読む
Date: 2017-09-25 17:22 ID: 24211882

『科学者18人にお尋ねします。宇宙には、だれがいますか?』 監修・佐藤勝彦/編集・縣秀彦 [KOROPPYの本棚 annex から]
地球生命体は、どこからきたのか? 地球外生命体が発見されるのは、どんな所なのか? など、〈アストロバイオロジー〉関係の研究者へ、8つの質問でインタビュー。 面白かったです。 読者は一般人を想定しているようで、どの方もかみ砕いた説明で、わかりやすかったです。 (ひとりだけ、例外はありましたが……) 〈アストロバイオロジー〉とは、宇宙における生命の研究のこと。 それぞれの専門分野は異なり、同じ質問でも見解が異なったりします。 どういう論理、根拠から、その見解を導き出しているのか。 違いを読み比べるの  続きを読む
Date: 2017-09-17 16:22 ID: 24210315

『盤上の向日葵』 柚月裕子 [KOROPPYの本棚 annex から]
白骨死体が抱いていたのは、7組しか存在しない、最高級の将棋の駒。 ベテラン刑事の石破と、かつて奨励会にいた若手刑事の佐野は、菊水月作の駒を追いかけてゆく。 ひとりの棋士の人生を描いた、読み応えのある物語でした。 容疑者や、ある程度の事件の構図や流れは、途中で見えてきます。 筆者も隠しているわけではなさそうで、謎解き(ミステリ)ではないような。 どうして、冒頭のシーンに至ってしまったのか? そこまでの歩み、将棋の面白さを、じっくり読ませる物語になっていました。 命のやり取りに匹敵する、真剣師たちの  続きを読む
Date: 2017-09-15 21:27 ID: 24209972

月の満ち欠け(佐藤正午) [のほ本♪ から]
「月のように、死んで生まれ変わる。」月の満ち欠けのような、人のそういう生き方死に方はあるのか?瑠璃というひとりの女性の生まれ変わりを通して、生と死を問いかける作品。第157回直木賞受賞作品。 神さまが選ばせた二種類の死に方。ひとつは、自分は死んでも子孫を残す。もうひとつは、月のように、死んでも何回も生まれ変わる。三角と出会い三角を愛した瑠璃は、何度も生まれ変わる。だが、はたしてそれは瑠璃の幸せなのか?自分の愛する娘が誰かの生まれ変わりで、その誰かの想いを成就するためだけに生きているとしたら、両  続きを読む
Date: 2017-09-13 20:17 ID: 24209547

とるとだす(畠中恵) [のほ本♪ から]
長崎屋の主・藤兵衛が倒れた!どうやら、薬種屋たちが持ってきた薬を飲みすぎたためらしい。飲みすぎの原因が自分に関係することだと知り、跡取り息子の一太郎は父親を救うために奔走する。はたして、藤兵衛は回復することができるのか・・・?しゃばけシリーズ16。 父・藤兵衛が倒れ、一太郎も奮起せざるを得ない。藤兵衛の体から飲みすぎた薬をだすために、一太郎は神様にも頼ろうとするが・・・。 何だか、今までのしゃばけシリーズとはちょっと違う雰囲気の話だ。登場する者たちも、ひと味もふた味も違う。一寸法師や浦島太郎  続きを読む
Date: 2017-09-11 20:40 ID: 24209136

『弥栄の烏』 阿部智里 [KOROPPYの本棚 annex から]
八咫烏シリーズ第6弾であり、第1部完結編。 前作『玉依姫』の内容を、八咫烏側から描いたもの。 当時、山内で起きていたことはわかるものの、補足説明的。 メインの展開がわかってしまっているのに加え、今回ははっと驚くような奇策や、意外な活躍などがなく、淡々と物語が進行している印象でした。 記憶を失った理由など、一応明らかにされたものの、大猿の発言だけで証拠があるわけでもないので、「そうだったのか!」とすっきりはせず。 完結編、という読みごたえには欠け、やや物足りなかったです。 最初は、あまり好きなタイ  続きを読む
Date: 2017-09-11 12:11 ID: 24209066

セイレーンの懺悔(中山七里) [のほ本♪ から]
東京都葛飾区で女子高生誘拐事件が発生!女子高生は無残な遺体となって発見された。「犯人は誰なのか?」帝都テレビ”アフタヌーンJapan”の里谷太一と朝倉多香美は、不祥事の汚名を挽回すべくスクープを狙い奔走するのだが・・・。 「報道」の真の目的は何なのか?真実を皆に伝えることではないのか?自分たちの名誉のため?報道番組存続のため?視聴率のため?事件の真相を追う里谷と朝倉だが、やっていることは野次馬根性丸出しだ。人の心の中に、平然と土足で踏み込む。相手が傷つこうが嘆こうが怒ろうが、いっこうに構わない  続きを読む
Date: 2017-09-10 22:03 ID: 24208947

『慈雨』 柚月裕子 [KOROPPYの本棚 annex から]
警察を退職後、妻とともに、四国で歩き巡礼をはじめた神場。 その道中、16年前の幼女殺害事件を連想させるニュースが流れ……。 乗り物を使わない、2か月がかりの旅路。 1歩ずつゆっくりと進むお遍路の旅の風景と、神場の悔恨が重なっていきます。 描写がこまやかで、一緒に四国八十八か所巡りをしているような気持になりました。 無口で、マイナス思考になりがちな主人公なので、妻の香代子の明るさが、救い。 警察小説というより、神場の刑事としての在り方や、家族のきずなを描いた物語でした。 両親がつけた名前を変えてし  続きを読む
Date: 2017-09-10 11:34 ID: 24208737

秋山善吉工務店(中山七里) [のほ本♪ から]
火事で家と夫を失った景子は、息子二人を連れて夫の実家に身を寄せることになった。夫の父親は、昭和ひと桁生まれの、工務店を営む昔気質の大工の棟梁だった・・・。さまざまな問題を抱えながらも、家族として歩もうとする秋山家の人たちの物語。 いじめに遭う次男の太一、やくざ絡みの問題を抱える長男の雅彦、そしてクレーマーに悩む景子。解決という出口の見えない状況に置かれた3人を救ったのは、善吉だった。口は悪いが、人情に厚い。そして、曲がったことが大嫌い。「スーパーマンか!?」と思うほどの大活躍だ。どんな難題でも  続きを読む
Date: 2017-09-09 21:08 ID: 24208766

ひとめぼれ(畠中恵) [のほ本♪ から]
町名主の跡取り息子でお気楽者の麻之助には、同心の養子になった吉五郎という友がいる。最近、その吉五郎の様子がおかしい。どうやら、養子先の娘で吉五郎の許嫁の一葉との間に何かあるらしいのだが・・・。表題作「ひとめぼれ」を含む6編を収録。「まんまこと」シリーズ6。 札差の娘と揉めて上方に追いやられた男が復讐心を起こす話「わかれみち」、昔の約束が思わぬ波紋を引き起こす「昔の約束」、麻之助の亡き妻に似た娘・おこ乃に舞い込んだ三つの縁談を描いた「言祝ぎ」、火事場で麻之助が双子の男の子を救ったことから騒動に巻  続きを読む
Date: 2017-09-08 21:25 ID: 24208565

『オレンジシルク』 神田茜 [KOROPPYの本棚 annex から]
見た目に自信がない。 30歳で恋愛経験ゼロ。 そんな印子が一目ぼれしたのは、イケメンのマジシャンだった。 マジックをキーに、ユーモアを交えて描かれる人間模様が、楽しかったです。 「私なんて」と卑下しがちな主人公が恋をし、マジックのように変化していく。 マジックが趣味の支店長と、元プロマジシャン・天鈴、そしてど素人の主人公。 力量にも差がある凸凹トリオが、コミカルで楽しかったです。 マジックとは、人の心に何をもたらすのか。 最後は、じーんときました。 Amazon で詳細を見る  続きを読む
Date: 2017-09-07 15:37 ID: 24208286

『破天の剣』 天野純希 [KOROPPYの本棚 annex から]
戦国時代、九州で覇権争いをした、島津家を描く。 第19回中山義秀文学賞受賞作。 九州で、このような戦いがあったとは。 戦国時代に争い合っていたのは当たり前ですが、具体的な経緯は知らないことが多く、興味深かったです。 秀吉による天下統一の陰で、戦った者たちの生きざまが描かれていて、読み応えがありました。 見慣れない名前が多いので、読み方を把握するまで少し手間取りましたが。 この方の作品は、特に人物の描き方が魅力的。 中でも、物語の軸となる家久には、引き込まれました。 妻に頭が上がらず、変わり者で、  続きを読む
Date: 2017-09-05 15:58 ID: 24207863

『吾が身をもって、叶えよと 陰陽師・安倍晴明』 結城光流 [KOROPPYの本棚 annex から]
それなりの身分をもつ貴族たちの依頼を、今日も請けざるをえない安倍晴明。 最近は、妙に不動明王の話題がちらついて……。 シリーズ第5弾。 今回は、比較的晴明が元気だった分、ユーモア部分をたっぷり楽しめました。 榎?斎や雑鬼たちとの、コミカルなやり取りとか。 十二神将たちとの、当人は冷ややかなのに、はたからは笑える応酬とか。 特に、安倍邸から追い出された雑鬼たちの姿には、笑ってしまいました。 怪我が少なかったのは、晴明の成長の証か、相手の問題か、微妙なところでしたが。 若菜とのいじらしい関係にも、ほ  続きを読む
Date: 2017-09-03 10:52 ID: 24207399

2017年8月 読書記録 [あ、痛っ。うつをの心 から]
 ども、うつをです。 8月の読書メーター読んだ本の数:1読んだページ数:647ナ  続きを読む
Date: 2017-09-02 13:07 ID: 24207216

19130件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード