話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/書籍
ぼくの若竹七海な日常
(トラックバック数:41、ID:02939) ( 03月24日 01時28分 更新)



若竹七海さんの本の感想、書評などを書かれたら、トラックバックをお願いします。
トラックバック先URL: 

41件中  120件を表示) 1 2 3 次のページ

スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

スクランブル/若竹七海 [ミステリ小説のススメ から]
スクランブル (集英社文庫)(2000/07)若竹 七海商品詳細を見る 【あらすじ】 一九八〇年、あたしたちは高校生だった。そして、一人の少女があたし...  続きを読む
Date: 2010-03-24 01:28 ID: 18545761

火天風神/若竹 七海 [1日1冊読書日記 から]
火天風神 (光文社文庫) 若竹 七海 光文社 2006-08-10 価格 ¥ 800 評価 Amazonで詳しく見る by G-Tools 【【あらすじ】】 最大瞬間風速70メートル超。観測史上最大級の大型台風が三浦半島を直撃した。電話も電気も不通、陸路も遮断され、孤立したリゾー  続きを読む
Date: 2008-05-03 23:49 ID: 14715675

[review]若竹七海『水上音楽堂の冒険』 [こんな夜だから本を読もう から]
 自転車との事故で頭を打ち、記憶に障害を負った荒井冬彦。親友の静馬に頼まれ、真魚とともに水上音楽堂での卒業コンサートの準備を手伝った。だが、冬彦の記憶の件が発端になって、静馬と後輩の水江が喧嘩をしてしまう。そして翌朝、水江が遺体で発見された。容疑者は静馬  続きを読む
Date: 2007-09-17 15:57 ID: 10300223

猫島ハウスの騒動/若竹 七海 [1日1冊読書日記 から]
猫島ハウスの騒動 (カッパ・ノベルス)/若竹 七海 ¥900 Amazon.co.jp 【【あらすじ】】 葉崎半島の先、三十人ほどの人間と百匹を超える猫が暮らす通称・猫島。 民宿・猫島ハウスの娘・杉浦響子は夏休みを迎え、家業の手伝いに精を出す日々を送っている。 そん  続きを読む
Date: 2007-08-25 23:57 ID: 9532781

古書店アゼリアの死体 若竹七海 光文社文庫 [TALKING MAN から]
とことんついてないヒロイン真琴が死体と遭遇する導入部から軽快に読ませるコージー・ミステリーの佳作。 丁寧に張られた伏線、複雑に入り組んだプロットがきちんと収束するミステリ的な構成も秀逸。  続きを読む
Date: 2007-07-22 14:26 ID: 8292137

若竹七海 「海神の晩餐」 [ミステリ小説を読む! から]
『探偵というのは、他人の秘密を暴くものだ。暴かれたものの苦しみや痛みを、目の当たりにしなくてはならない。』 タイタニック号沈没という大惨事から始まる、謎の未発表探偵小説の原稿を契機に、1932年豪華客船に続発する怪事件。 10日間の米国に向かう洋行で起こる船上の奇  続きを読む
Date: 2007-03-14 10:54 ID: 4883949

水上音楽堂の冒険 若竹七海 東京創元社 [TALKING MAN から]
久々に再読。  続きを読む
Date: 2007-01-10 08:11 ID: 4403011

『親切なおばけ』若竹 七海(著)、杉田 比呂美(イラスト) [今夜、地球の裏側で から]
親切なおばけ若竹 七海 杉田 比呂美 光文社 2006-12-14売り上げランキング : 95346Amazonで詳しく見る by G-Tools  近所の子供たちが「おばけやしき」と呼ぶオンボロハウスに住んでいるノノコちゃん。彼女自身も「おばけ」と呼ばれ、いつもひとりぼっち。大好きなおじいさんにそれを話すと、おじいさんはそれならいっそ「親切なおばけ」になってみたら?という。  若竹七海さんと彼女の本の表紙などでよく組んでいる杉田さんの絵本。普通の文芸本の棚に置いてあったけど、絵本でいいのかな。本の  続きを読む
Date: 2007-01-05 00:50 ID: 4368077

名探偵は密航中 [ミステリ小説のススメ から]
名探偵は密航中 若竹 七海 【あらすじ】  昭和5年7月、豪華客船・箱根丸は横濱港を出港、倫敦へ向った。出航早々、殺人事件の容疑者が乗船していることがわかり、大騒動に。その後も、男爵令嬢の逃亡騒ぎ、幽霊船の出現など、奇妙な事件ばかりが起こり・・・。じゃじゃ馬令嬢から意外な名探偵まで、魅力的な登場人物たちが大活躍。ミステリーの楽しみがギュッと詰まった、傑作オムニバス・ストーリー!     (裏表紙より) 【感想】  まず時代設定や舞台設定がいいっすね〜。私好み! セピア色が本当に似合う  続きを読む
Date: 2006-12-21 22:31 ID: 4282044

若竹七海 [つれづれ読書日記 から]
☆若竹七海――わかたけななみ。 一時期ハマっていた方です。 人の悪意を描かせたら天下一品! 基本的にハッピーエンドを期待しては駄目! 短編はかなりブラックだけど、長編になると青春小説の色が濃くなるのも面白いです。 各タイトルをクリックして頂くと、記事へ飛びます。 ぼくのミステリな日常 プレゼント 依頼人は死んだ 悪いうさぎ 船上にて 古書店アゼリアの死体 閉ざされた夏 海神の晩餐 ヴィラ・マグノリアの殺人 名探偵は密航中 死んでも治らない スクランブル  続きを読む
Date: 2006-11-09 08:52 ID: 3971608

猫島ハウスの騒動 [本読み日記 から]
猫島ハウスの騒動若竹 七海 (2006/07/21)光文社この商品の詳細を見る 葉崎半島の先、猫島には三十人ほどの人間と百匹を超える猫暮らしている。 こんなのどかな島も猫たちのおかげで、観光地として少しばかり賑わいをみせてい?  続きを読む
Date: 2006-09-21 20:46 ID: 3636341

[review]若竹七海『猫島ハウスの騒動』 [こんな夜だから本を読もう から]
 人間よりも猫の数が多いという猫の楽園・猫島。稼ぎ時の夏休みに、民宿「猫島ハウス」の娘・杉浦響子は家業の手伝いに精を出していた。一方、同級生の菅野虎鉄はナンパに精を出した結果、入り江でナイフが突き刺さった猫を見つけてしまった。平穏だった猫島は、大騒動に巻  続きを読む
Date: 2006-09-04 12:52 ID: 3512786

製造迷夢 [本読み日記 から]
製造迷夢posted with 簡単リンクくん at 2006. 9. 2若竹 七海著徳間書店 (2000.11)通常1-3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 渋谷猿楽町書の刑事一条風太は有名な作曲家が起こした事件のことで訪ね?  続きを読む
Date: 2006-09-03 00:54 ID: 3503729

「猫島ハウスの騒動」若竹七海 [本を読む女。改訂版 から]
猫島ハウスの騒動発売元: 光文社価格: ¥ 900発売日: 2006/07/21売上ランキング: 4441おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/09/02 若竹七海さんの久々の新作。いやあ、嬉しいですね。楽しみにしてました。 架空の街、葉崎市を舞台にしたコージーミステリのシリー  続きを読む
Date: 2006-09-02 01:14 ID: 3497635

「猫島ハウスの騒動」若竹七海 [読書とジャンプ から]
若竹七海 猫島ハウスの騒動こんな島があるなら、是非とも訪れてうっとりしたいです。ワンコも好きだがニャンコも好きだ!30人ほどの人間と100匹を超える猫が暮らす通称・猫島。民宿・猫島ハウスの娘・響子は夏休みを迎え、家業の手伝いに精を出す日々。そんなある日、奇...  続きを読む
Date: 2006-08-10 21:50 ID: 3350620

「古書店アゼリアの死体」若竹七海 [本を読む女。改訂版 から]
古書店アゼリアの死体発売元: 光文社価格: ¥ 680発売日: 2003/09おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/07/22 待望の新刊、「猫島ハウスの騒動」が発売されましたよ。 はいこちら。読みましょうね。 ということで、新刊への予習もかねて読んでみた、葉崎シ  続きを読む
Date: 2006-07-25 22:19 ID: 3238872

[review]若竹七海『心のなかの冷たい何か』 [こんな夜だから本を読もう から]
 13日に若竹七海さんの『ISBN:4488417027:title』を読了。  一人旅の途中に若竹七海が出会ったのは、奔放な振る舞いの美女・一ノ瀬妙子。自分とは相容れないものを感じていたが、後日、妙子から誘われ、クリスマスイヴをともに過ごす約束をする。しかし、七海は数日後に  続きを読む
Date: 2006-01-16 14:59 ID: 1852265

ヴィラ・マグノリアの殺人/若竹七海 [ブックエンド から]
面白いミステリーに当たると、読んでいる間はとても幸せです。 それが例え殺人を扱っている本であっても。 海の見下ろせる住宅10棟からなる「ヴィラ・マグノリア」の 空家で身元不明の死体が発見されるところから始まります。 残り9棟の住人達と警察が事件について  続きを読む
Date: 2006-01-10 23:01 ID: 1812330

若竹七海『心のなかの冷たい何か』 [ホンノシアワセ から]
なんとか無事に実家に帰りつきました。新幹線、30分くらい遅れたけど。 電車の中で読んでいたのが若竹さんの初期の作品を文庫化した『心のなかの冷たい何か』。 失業中の若竹七海は?  続きを読む
Date: 2006-01-01 19:43 ID: 1734384

『サンタクロースのせいにしよう』 若竹七海 [*モナミ* から]
あやま♪さんお薦めの本書を、読んでみました。 『悪いうさぎ』では、女探偵ってちょっと苦手目かも…、 と思ったけれど、これは面白かったです。 探偵ミステリではなく、ふとした生活の中で起きる、 ちょっとしたミステリー。 とあるお嬢様(それもかなりぶっ飛んでる  続きを読む
Date: 2005-12-30 18:01 ID: 1721326

41件中  120件を表示) 1 2 3 次のページ




「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード