話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/書籍
長嶋有 TB people
(トラックバック数:14、ID:04615) ( 06月23日 00時15分 更新)



長嶋有さんの作品の感想、話題などをTBしてください。ファンの方はもちろん、そうでない方もウェルカム♪
トラックバック先URL: 

14件中  114件を表示)

スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

ただいま、読書中。 [ROOM#702 から]
今、読んでいる本。夜中にちょっとずつね。この作者の力の抜けた文体がすきだな。  あっしは本そのものがすきな性質で、「中身」も「外見」も気になります。それに読書場所はもっぱら寝床だし、軽い重いよりは字の大きさで、文庫本より単行本が読みやすいですね。ちなみに上の作品は、テーピングの掠れ具合が非常にリアルで、気に入っております。  しかし。ときに、どちらでもいいわ、という場合もあり。今度映画化されるらしい左の作品のほうは、むしろ文庫のほうが気軽な感じで、話の中身とも合うんじゃないですかねえ。堺さ  続きを読む
Date: 2008-06-23 00:15 ID: 15081402

長嶋有【ジャージの二人】 [ぱんどらの本箱 から]
人が羨む北軽井沢の別荘で夏の終わりを過ごす「父」と「僕」。 標高1500mの山は涼しくて、都会の猛暑を忘れさせる。そのうえ室内に虫やネズミが出るし、布団はしめっているし、くみとり式のトイレと五右衛門風呂をそなえ、し?  続きを読む
Date: 2007-09-11 13:05 ID: 10103354

ぐっときた [歯みがきしながら考えた から]
ぐっとくる題名  ブルボン小林 まず、ブルボン小林=長嶋有さんです。 この本、「買わせる題名・人を引き付ける題名」について考察する、プレゼン的内容かと思って・・しまいませんでしたよ。新書だとはいえ、長嶋有さんですから。 新書なのに、新書っていうスタイルさえも笑える内容。 例えとして挙げられる題名も「部屋とYシャツ〜」とか、「これが私の〜」とか、いちいち同世代感満載。どうせなら「シャ乱〜」という名前ってどうなんだ。ってところまで言及して欲しかったです。 ぐっとくる題名、私も勝手に  続きを読む
Date: 2007-03-08 10:00 ID: 4829081

冴えない二人 [歯みがきしながら考えた から]
ジャージの二人 長嶋 有 長嶋有氏の「サイドカーに犬」が映画化される。 祝[:ぴかぴか:]長嶋有!でもこの本の話はまた次の機会に。 現役長嶋有ファンとして、映画化するなら「ジャージの二人」をぜひ推したい。 3作目くらいに。ジャージブームが来るかも!? 題名からしてゆるい。表紙も期待を裏切らず冴えない。 男2人と犬1匹が夏の間、別荘で暮らす。でも間宮兄弟みたいにキモカワ一生懸命風ではない。 なぜなら男二人は親子、そしてお互い既婚だから。  続きを読む
Date: 2007-03-08 10:00 ID: 4829076

いろんな気持ちが本当の気持ち [寝ていられるのになぜ起きる? から]
いろんな気持ちが本当の気持ち長嶋 有 筑摩書房 2005-07-26売り上げランキング : 125594おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools <評価> 好きだったり、嫌いだったり <内容> 「サインしていただけますか…好き?  続きを読む
Date: 2006-09-09 23:20 ID: 3552528

タンノイのエジンバラ/長嶋 有 [だるだるノオト から]
 長嶋 有著。  題名はイギリスの音響メーカー「タンノイ社」のスピーカーから。  続きを読む
Date: 2006-03-13 22:57 ID: 2270827

猛スピードで母は  長島有 [うつぼの読書感想文 から]
長嶋 有 猛スピードで母は 子供のころ、自分の家族がすべてであり、絶対だった。自分の両親がすべての基準で、自分のベースになっていると思う。自信を持って親になるひとなんてそう多くはないのだろうけれど、子供にとっての親とはその二人しかいないんだ。 だ  続きを読む
Date: 2006-02-16 15:37 ID: 2080658

泣かない女はいない/長嶋有 [だるだるノオト から]
 長嶋 有著。  何となく建ってしまったピサの斜塔,大宮郊外のシャトルの大きさ。  続きを読む
Date: 2006-02-08 20:23 ID: 2022197

『タンノイのエジンバラ』長嶋 有 [りりこの図書館 から]
   4つの短編集。どれも面白いのだけど、やっぱり「夜のあぐら」が一番かな。いや、「三十歳」も捨てがたい。  表題作「タンノイのエジンバラ」なんのこっちゃ、と思うタイトルだけど、わかる人にはわかる名前なのね。きっと。ちょっと色気のある隣家の母親に押し付けられ  続きを読む
Date: 2006-01-06 21:32 ID: 1772796

いろんな気持ちが本当の気持ち  長嶋有 [ゆらbooks から]
いろんな気持ちが本当の気持ち なんというか「パッチ」的なエッセー集です。「パッチ」なんて書くとパッチワークを連想してとてもお洒落〜♪なものをイメージするかもしれませんが、いえ、そうじゃなくて…。寄せ集めっぽい。(笑)実際「初出一覧」を見るとスゴイスゴイ  続きを読む
Date: 2005-11-22 14:43 ID: 1434046

泣かない女はいない  長嶋有 [ゆらbooks から]
泣かない女はいない 表題作『泣かない女はいない』・『センスなし』・『二人のデート』の3編が収録された本、です。ムムム?いやしかし…。『二人のデート』はどこにあるの??と探すこと数十秒。ひゃ〜、やってくれました、長嶋有さん!…この本は買って読むべし!とい.  続きを読む
Date: 2005-11-22 13:18 ID: 1433612

タンノイのエジンバラ  長嶋有 [ゆらbooks から]
タンノイのエジンバラ 全部で4つのお話が入っているのですが、どれもが抑えた感じの文章でありながら強いものを感じるお話でした。長嶋有さんの小説に出てくる人々にはいつも「個」を感じ、なんか好きです。例えば一見不真面目そうな人にも、小さな子供にも、一般的に想像  続きを読む
Date: 2005-11-22 13:16 ID: 1433607

パラレル  長嶋有 [ゆらbooks から]
パラレル どれもこれもが冷めた関係だなー、と思う淡々としたお話でした。軸になるのは主人公・七郎と腐れ親友・津田の関係。それから主人公・七郎と元妻(作品内では「前奥」と呼ばれる)の関係かな。どちらも絆は太いのに冷めているので、何の情熱も感じられない不思議.  続きを読む
Date: 2005-11-22 13:15 ID: 1433597

猛スピードで母は  長嶋有 [ゆらbooks から]
猛スピードで母は 数年前に芥川賞受賞!ということで知ったこの題名。なんかスッゴイ題だなー、と思ったのを覚えています。それがつい先日、新聞で文庫化されたと知りました。そういえばコレ読んでみたかったんだっけ、絶対買う!といそいそ本屋に行ってきました。 中  続きを読む
Date: 2005-11-22 13:14 ID: 1433573

14件中  114件を表示)




「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード