話題の検索:
トラックバック・ピープル/エンターテインメント/映画
ミニシアター系映画
(トラックバック数:667、ID:00496) ( 08月17日 08時13分 更新)



ミニシアターや単館で上映される映画にはハリウッド映画にはない上質な作品がたくさんあるよね。 みんなでほんのちょっとマイナーな映画の話をしましょ。
トラックバック先URL: 

667件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

『ブリグズビー・ベア』 僕たちの映画 [映画のブログ から]
 まったくもって他人事ではない。  多くの人が『ブリグズビー・ベア』を観て、深く共感したに違いない。  映画の紹介文を読むだけだと、ずいぶんエキセントリックな作品に思える。  ??赤ん坊の頃から25年、有害物質に覆われた地上を避けて、地下のシェルターで両親と三人きりの生活を続けてきたジェームスにとって、子供向けの教育特撮番組『ブリグズビー・ベア』が人生のすべてだった。毎週の新作を見...  続きを読む
Date: 2018-08-17 08:13 ID: 24267016

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のヒミツ [映画のブログ から]
(前回「『ウォルト・ディズニーの約束』 原作者が出した驚きの条件」から読む)  『ウォルト・ディズニーの約束』の公開後、またも実在の人物を取り上げた映画の監督をオファーされたジョン・リー・ハンコックは、二度それを断っている。だが、脚本を読んで彼は考えを変えた。そして作り上げたのが、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』だ。  映画が描くのは世界的なハンバーガーチェーンのマクド...  続きを読む
Date: 2017-10-11 00:44 ID: 24215257

『ウォルト・ディズニーの約束』 原作者が出した驚きの条件 [映画のブログ から]
 【ネタバレ注意】  そんな条件を出したのか! それはあんまりじゃないの!?  映画『メリー・ポピンズ』が大好きな私は驚いた。 ■ウォルト・ディズニーを描いたはじめての映画  『ウォルト・ディズニーの約束』は、オーストラリア出身で英国を拠点に活動する児童文学作家P・L・トラヴァースと、アニメーション映画の巨人ウォルト・ディズニーの攻防を描いた作品だ。攻防とは穏やかでは...  続きを読む
Date: 2017-10-09 22:00 ID: 24215032

李鳳宇シネカノン社長 [はなこのアンテナ@無知の知 から]
『パッチギ』が韓国上映を果たした経緯が、 昨日、今日とフジテレビの佐々木恭子アナのレポートで テレビ放映された(朝のワイドショー)。 昨日は井筒監督、今朝は李鳳宇(リ・ポンウ)社長に フォーカスしたレポート。 李社長はシネカノンという映画会社を経営し、 映画の製作と東京と関西で計5館の映画館経営も手掛ける。 最近は韓国屈指の繁華街?明洞でも映画館をオープン。 そのうちのひとつは日本映画を専門に上映する。 その上映第一弾が、社長自らプロデュースを手掛けた 『パッチギ』なのだ。テレビでは、舞台挨拶と上映後の  続きを読む
Date: 2015-11-19 01:23 ID: 23707640

★『Looking for Johnny ジョニーサンダースの軌跡』 浜松上映!! #映画 #浜松市 [★☆WOWSVILLE-MUMBLES☆★ から]
当店でも【フライヤー配布中】ですが、明日はこの映画2015.9.5(sat) ジョニー・サンダースの軌跡 LOOKING FOR JOHNNY @ Zoot Horn Rollo上映時間(当日3回上映)17:00〜/19:00〜/21:00〜... 場所:ZOOT HORN ROLLO   静岡県浜松市中区成子町56    ¥2,000(1ドリン  続きを読む
Date: 2015-09-04 00:02 ID: 23601550

『バルフィ!人生に唄えば』 やったもん勝ちなんや! [映画のブログ から]
 【ネタバレ注意】  現実の出来事を誇張しながら展開するテレビドラマ『アオイホノオ』、第8話に名言が飛び出した。  「世の中、やったもん勝ちなんや!」  自主制作アニメに、パワードスーツをはじめ古今東西のSF作品のキャラやメカを登場させようとする岡田トシオに対し、常識をわきまえた赤井タカミは「そんなこと勝手にやっちゃっていいんですか!?他人の作品ですよ」と意見する。  だ...  続きを読む
Date: 2014-09-09 00:30 ID: 23006103

夏の終り [映画レビュー 福岡シネマ通信 から]
「恋に生きる」ことの難しさ  続きを読む
Date: 2014-08-25 00:43 ID: 22979528

『私の男』、モスクワ国際映画祭で2冠達成 [映画レビュー 福岡シネマ通信 から]
最優秀作品賞、最優秀男優賞受賞  続きを読む
Date: 2014-07-05 00:30 ID: 22932751

『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』の正体は? [映画のブログ から]
 【ネタバレ注意】  ルーウィン・デイヴィスの女友達ジーン役にキャリー・マリガンがキャスティングされたのは、彼女が「マリガン」だからじゃないか。なんて妄想が頭をかすめた。  ルーウィンは彼女の部屋に泊めてもらうが、そこには別の男もいて、三人で夜を明かすことになる。  そんな話が他にもあったからだ。                  ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン...  続きを読む
Date: 2014-06-14 16:39 ID: 22902456

HUNGER ハンガー [映画レビュー 福岡シネマ通信 から]
死をもって、抗議する  続きを読む
Date: 2014-05-02 22:34 ID: 22814987

『ハンナ・アーレント』が発信するのは何か? [映画のブログ から]
 巧いな。  『ハンナ・アーレント』を観て、そう感じた。  この映画から、ドイツ国民の思慮深さと立ち回りの巧さを改めて思い知らされた。  それはもちろん、一観客である私が勝手に感じたことであり、作り手の意図は違うところにあるのかもしれない。もしも私が感じたことと作り手の狙いが一致したとしても、作り手がそれを認めることはないだろう。  だから、ここに書くのは単なる妄言でしかない。まぁ、...  続きを読む
Date: 2014-01-03 17:12 ID: 22589468

「自由と壁とヒップホップ」公開へ [弱い文明 から]
 以前(2009年)、関東・関西のミニシアターなどで試験的に自主上映され話題になったパレスチナの映画「スリングショット・ヒップホップ」が、ようやくにして配給元(シグロ)を得て、通常の営業公開にこぎつけることになった。  続きを読む
Date: 2013-11-13 19:42 ID: 22495894

『ソハの地下水道』 屁をしたのは誰だ! [映画のブログ から]
 本稿は日本人向けの戯れ言なので、他国の方は読み飛ばしていただきたい。  先日、『宇宙戦艦ヤマト2199』の記事で、米国陸軍第442連隊について紹介した。  第二次世界大戦中に大きな戦功を残したこの...  続きを読む
Date: 2013-07-01 07:55 ID: 22291248

『テイク・ディス・ワルツ』 直視したくない事実 [映画のブログ から]
 【ネタバレ注意】  実は、『映画 ホタルノヒカリ』の記事であえて触れなかったことがある。  この記事で、私は橘玲(たちばな あきら)氏の『(日本人)』の一部を引用したが、橘玲氏もその著書に書いてい...  続きを読む
Date: 2013-01-03 22:25 ID: 21431308

『ミロクローゼ』 映画という美術を鑑賞しよう [映画のブログ から]
 日本に住んでいてよかったと思うことの一つは、手軽に『地獄の門』が見られることだ。  オーギュスト・ロダンがその後半生を費やした巨大な彫刻『地獄の門』は、ダンテの叙事詩『神曲』を題材としながらも...  続きを読む
Date: 2012-12-31 18:25 ID: 21426768

『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』 賞はご褒美ではない [映画のブログ から]
 『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』は実に面白い!  数々の娯楽作を世に送り出してきたリュック・ベッソン監督が、持てる力の限りを尽くしてスリリングかつドラマチックな感動作に仕上げてい...  続きを読む
Date: 2012-08-23 23:13 ID: 21087275

『少年は残酷な弓を射る』について話し合わねばならない [映画のブログ から]
 世界でも、自国の歴史の上でも、もっとも平和な時代を迎えた日本。  けれども、残念ながら凶悪犯罪はゼロにはならない。そしてどんな犯罪者にも親はいる。  もしも我が子が凶行に走ったとき、「あの子な...  続きを読む
Date: 2012-07-12 23:42 ID: 21006230

新藤兼人監督の遺作「一枚のハガキ」を見た [生きてるしるし から]
 新藤兼人監督の遺作「一枚のハガキ」を見た。その強烈な迫力はとても百歳の人のものではない。最後に新たな代表作を残し、亡くなったその大きさに震える。  全てを奪い全ての人を殺す戦争。それに振り回...  続きを読む
Date: 2012-06-10 03:08 ID: 20940893

『光のほうへ』 優れた映画を観る辛さ [映画のブログ から]
 2011年はデンマーク映画に痺れた年だった。  『アンチクライスト』、『未来を生きる君たちへ』と傑作続きのデンマーク映画だったが、特にKOパンチを食らったのが『光のほうへ』だ。とても優れた映画だから...  続きを読む
Date: 2012-01-01 15:35 ID: 20597120

『クリスマスのその夜に』 世界中でお祝いしよう! [映画のブログ から]
 「クリスマスはお祝いしないの。イスラム教だから。」  『クリスマスのその夜に』の予告編に流れたセリフを耳にして、私は奇異に感じた。  それじゃあまるで、イスラム教徒は12月25日に何もしないみたい...  続きを読む
Date: 2011-12-04 12:17 ID: 20530471

667件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード