話題の検索:
トラックバック・ピープル/健康と医学/病気
動脈硬化
(トラックバック数:27、ID:05255) ( 01月09日 22時11分 更新)



動脈硬化に関するHP、ブログの紹介
トラックバック先URL: 

27件中  120件を表示) 1 2 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

歯周病が動脈硬化を引き起こす影響 [歯茎の腫れは歯周病が隠れている から]
京都大学の研究グループは、歯の健康状態と動脈硬化に関連性があることを発表しました。疫学調査の情報を用いて、失った歯の数と動脈硬化の間には有意な関連があるとのこと。これは、歯周病が動脈硬化を引き起こす可能性が高いとなるのではないかと思います。口内衛生の悪…  続きを読む
Date: 2017-01-09 22:11 ID: 24139139

酢玉ねぎブームの理由は栄養と手軽さ [免疫力を高める健康情報 から]
最近の健康ブームの中で今特に注目を浴びているのが、「酢玉ねぎ」。酢玉ねぎは、テレビ番組「NHKためしてガッテン」や雑誌でも紹介されています。酢と玉ねぎの栄養をダブルで摂取 ...  続きを読む
Date: 2015-08-16 00:07 ID: 23572252

内臓脂肪が引き起こす動脈硬化 [生活習慣病予防プラザ から]
最近ではメタボリックシンドロームという言葉をよく聞くようになりました。メタボを放置すると動脈硬化症になる危険が30倍以上も増すと言われています。 胃・腸・肝臓の周囲に内臓脂肪から脂質がたくさん放出されます。その結果、中性脂肪の増加やHDL(善玉)コレステロー…  続きを読む
Date: 2015-06-02 19:17 ID: 23443068

高血圧による頭痛の症状には要注意 [頭痛の治し方プラザ から]
現在、高血圧の方は患者と予備軍を合わせると約4300万人と言われています。 しかし、その中で治療を受けているのは約24%にすぎません。 その理由の1つは、高血圧になっても痛いとか、つらいといった自覚症状がほとんどないため、治療を先延ばしにしている方が多いようです…  続きを読む
Date: 2015-04-22 19:36 ID: 23377968

血管年齢を若返らせるゾンビ体操とは [免疫力を高める生活習慣 から]
簡単に続けられ運動効果が抜群の「ゾンビ体操」が今注目されています。テレビ番組「林修の今でしょ!講座」で紹介された超カンタン体操なのです。番組内では池谷敏郎先生がゾンビ ...  続きを読む
Date: 2015-03-09 23:01 ID: 23306501

脳血管性認知症と動脈硬化の深い関係 [アルツハイマー 予防と初期症状 から]
年々、増加する一方の認知症の患者。そんな認知症の中で、いま急増しているのが脳血管性認知症と呼ばれるタイプと言われています。 ■脳血管性認知症とは脳梗塞や脳出血など脳卒中(脳血管障害)を起こした結果、認知症が現われるものをいいます。 ■脳血管性認知症の予…  続きを読む
Date: 2015-03-04 20:21 ID: 23298502

動脈硬化が前段階で判明するFMD検査 [免疫を高めると健康になる から]
日本動脈硬化学会では、日本人の死因の第1位は癌(がん)ですが、第2位の心疾患、第3位の脳血管疾患を合わせると、がんと同じぐらいの人々が亡くなっていると報告されています。こ ...  続きを読む
Date: 2014-12-11 18:02 ID: 23163273

プリン体の摂り過ぎが招く血管の老化 [アラフォー女性の生活習慣病予防 から]
私たちの身体を容赦なく襲う老化ですが、その中でも恐ろしいのが「血管の老化」と言われています。 コレステロールや高血圧などが原因で動脈硬化が進んだ血管は、日々硬くなっていきます。 最終的には脳卒中や心筋梗塞など、命につながる重大な病を引き起こすことにもなり…  続きを読む
Date: 2014-11-17 23:37 ID: 23124389

動脈硬化予防対策は健康診断から [おねぇ〜ちゃんズHi! から]
[E:hospital]通勤電車の中で、 働き盛りの男性が倒れるまでの動脈硬化の  続きを読む
Date: 2010-08-26 15:04 ID: 19126550

高血圧が続くとどうなってしまうの?? [高血圧を改善するための情報を無料提供するブログ から]
ランキングは今何位?? ⇒ こんにちは。今から高血圧について色々お話したいと思います。 今回は「高血圧が続くとどうなってしまうの??」というテーマについてお話したいと思います。 高血圧でお悩みの方、治療法や対策をお探しの方は、是非じっくりとご覧下さ..  続きを読む
Date: 2010-05-26 15:36 ID: 18794909

くも膜下出血の予防<高血圧・減塩> [泣きたい夜もある☆ナナの介護日記 から]
くも膜下出血の危険因子、 高血圧、喫煙、過度の飲酒を遠ざけて、予防に努めましょう! 高血圧はくも膜下出血の危険因子です。 標準値(130/85mmHg)となるようにしっかりと血圧の管理を! ?...  続きを読む
Date: 2010-04-07 02:18 ID: 18600849

動脈硬化を予防または改善するための方法(食事編)?(イワシ、サバなどの魚肉を食べてEPAを摂取) [皇帝日記 から]
北極圏に暮らしている先住民のイヌイットは肉食中心の生活であるが、心臓病における死亡率が極めて低いのだという。 それはなぜだろう? デンマークの研究者が調べた結果、イヌイットの人たちの血中には、EPAという多価不飽和脂肪酸が多かったそうだ。 EPAとは、..  続きを読む
Date: 2009-06-07 01:00 ID: 17130116

高脂血症の症状について [気になる話題について から]
今日は、高脂血症の症状について知識を深めましょう。 「網膜中心動脈閉塞症」についてです。 網膜中心動脈閉塞と網膜動脈分枝閉塞は、ほぼ半分の比率で発症します。 血管が閉塞した部分から先にある網膜だけ、血液の供給が止まるので、他の網膜は、通常に機能します。 次は、「網膜動脈分枝閉塞症」です。そのため、視力は悪くないのに、足元が常に見えない、という状態になることがあります。 ただ、黄斑の血流を司る血管まで閉塞してしまうと、極度に視力が低下します。その枝分かれする以前の、より心臓に近い動脈のこと  続きを読む
Date: 2009-04-29 08:38 ID: 16899217

高脂血症について [今日の話題について から]
あなたは高脂血症はどんな症状か知ってますか? 自覚できる症状は、虚血が起こっている部位の視野が欠損します。網膜動脈閉塞症は、どの部分で血管が閉塞したかによって、症状が異なります。視力は、正常に黄斑が働いていれば低下しません。そのため、視力は悪くないのに、足元が常に見えない、という状態になることがあります。まずは、「網膜中心動脈閉塞症」についてです。 これ以外にも、「毛様網膜動脈閉塞症」がありますが、いずれの場合でも、発症するまで、たいてい自覚症状はなく、視力の低下や視野の欠損が突然起きます。この場合は、  続きを読む
Date: 2009-04-29 08:34 ID: 16899204

高血圧はなぜ怖いのか? [生活習慣病は正しい知識と対策で予防・改善できる! から]
高血圧はなぜ怖いのか? 血圧が高い状態を放置していると、血管には常に強い圧力がかかり、大きな負担となります。血管の内壁はもろく、傷つきやすくなり、そこに血液の成分やコレステロールなどの脂質分が入り込み、血栓ができたりして、血液の流れが次第に悪くなってい....  続きを読む
Date: 2009-01-29 09:45 ID: 16371636

動脈硬化とは、血管の老化…? [生活習慣病は正しい知識と対策で予防・改善できる! から]
動脈硬化とは、血管の老化…? 動脈硬化は、まったく症状がないまま 20〜30年かけて静かに進行していきます。そしてある日突然、心筋梗塞や脳梗塞等、命にかかわる危険な病気を発症して気づくことが多いといわれています。 動脈硬化という言葉を、知らない人はいないで...  続きを読む
Date: 2009-01-14 11:47 ID: 16287249

歯科医院の役割 〜『歯医者=治療』から『歯医者=歯磨き』へ〜 [横浜ホームドクターナビ から]
お口の中に問題が起こった時だけ歯科医院を訪れる方がほとんどではないでしょうか? しかし、これからはこの役割を変えていくことが一番大切だと思います。虫歯になってから歯医者に来たのでは遅いのです。 御自分の体とは、毎日毎日使い、何十年もつきあっていかなくてはなりません。そのために人間の体には、自分で治す力が備わっています。骨が折れたらくっつきますし、皮膚が切れればくっつきます。   続きを読む
Date: 2008-10-09 09:10 ID: 15735415

足の循環障害について 〜動脈硬化と静脈瘤〜 [横浜ホームドークたーナビ から]
手足の血の巡りが悪いのではないか? ”エソ(壊疽)”になってしまうのではないか? 年のせいで足が弱ったのだろうか? 私の冷え性はひどすぎるのではないか? 静脈が浮き出て人に見せられない。血栓ができて命取りになるって本当だろうか? などの悩みを持っている人は意外に多いものです。また専門医も比較的少ないので長い間ラチがあかずあきらめている人も少なくないと思います。足は第二の心臓ともいわれ、高齢になってから足の丈夫な人とそうでない人の生活には大きな差ができてしまいます。ここでは良く見られる足の循環障害の代表的な  続きを読む
Date: 2008-10-09 09:04 ID: 15735400

動脈硬化の予防法 [動脈硬化 から]
前の記事のように、動脈硬化の危険因子は様々あるのですが、それらの中で無視できないくらい大きな影響を体に与えているのが、活性酸素とLDLコレステロールです。 LDLコレステロールは特に、悪玉コレステロールと呼ばれています。 そして、悪玉コレステロールは活性酸素と結..  続きを読む
Date: 2008-07-25 16:29 ID: 15302130

動脈硬化の危険因子 [動脈硬化 から]
動脈硬化は、年齢を重ねていくにつれて、多少なりとも誰にでも起こりうるものです。 ただ、動脈硬化を予防したり、その進行を遅らせることが、日々の健康維持にはとても大切なことであると言えます。 では、動脈硬化になってしまう危険な要因、すなわち危険因子とはいかなる..  続きを読む
Date: 2008-07-24 15:07 ID: 15294931

27件中  120件を表示) 1 2 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード