話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/文芸
児童文学bloggers
(トラックバック数:4306、ID:00594) ( 08月13日 14時24分 更新)



児童文学・絵本など子どもの本についてレビューや記事を書いたらトラックバックしてください。最近どんな児童書読みましたか? 児童文学の定義は曖昧ですが、多分一般的にこれは児童文学だろうなと思ったら何でも構いません。 ただし、「本そのものの内容」にふれない、作家についてのみの記事などはご遠慮下さい。  ※本の紹介になっていない記事、ア○ィリエイト記事(検索で引っかかるので伏字にしています)など、情報にならないと判断したTBは削除させていただいております。
トラックバック先URL: 

4306件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

コニーちゃんを描いている人 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:キャラクターの絵本 昨日ご紹介したドイツのキャラクター、コニー(Conni)ちゃんの作者についてです。 出版社によると、ピクシー絵本のコニーちゃんは3歳の設定です。 でも、成長していて6歳と10〜12歳バージョンがあって それぞれ違うイラストレーターさんが描いています。 ピクシー絵本では3歳バージョン(6歳ぐらいまでの成長が描かれています)のコニーちゃんだけのようです。6歳と10歳のバージョンは別のシリーズとして出版されています。   続きを読む
Date: 2019-08-13 14:23 ID: 24313262

コニーとキャンプ #ピクシー絵本 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ 夏休みといえば、キャンプです。この子もキャンプを楽しんでいます。 「コニーとキャンプ(Conni geht zelten)」、 コニーちゃん一家がキャンプへ出かけるお話。とても楽しそうなんです。 *日本語のタイトルは正式なものではありません。 みんなで車に荷物を積み込むところから始まります。 キャンプ場へ着くと、早速テントの組み立てです。 テントの組  続きを読む
Date: 2019-08-12 15:01 ID: 24313144

スミス家のおばあちゃんとおじいちゃん #リトルゴールデンブック [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:絵本のたからばこ 夏休みのお話といえば、このリトルゴールデンブックもいいですよ。 「スミス家のおばあちゃんとおじいちゃん(Grandma and Granpa Smith)」。 都会で暮らすサムとサリーの兄妹は毎年、夏休みに 田舎のおじいちゃんとおばあちゃんの家へやって来ます。 子供たちだけでバスで来るのです。 ↓これが、おじいちゃんたちの家。すてきなお家ですね。 おじいちゃんの作業場で 鳥小屋を作ります。   続きを読む
Date: 2019-08-08 16:20 ID: 24312776

はりねずみって…。おまけ [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:本 7月30日の続きです。 といっても、ほんのおまけ程度。 最近、ペットとして人気の はりねずみ。 ドイツでは、現実でも絵本でも、とても身近な動物みたいで、ドイツにピクシー絵本には はりねずみのお話がいっぱいあります。 で、はりねずみなんですが、はり「ねずみ」というから、ねずみの仲間だとばかり思っていたら…。 念のため、調べたら…、 ガーン、ねずみ じゃなかった&hell  続きを読む
Date: 2019-08-07 17:54 ID: 24312726

なつやすみ #リトルゴールデンブック [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:絵本のたからばこ 夏まっさかりですが、ちびっこと学生のみなさんは夏休みを満喫中でしょうか? 楽しい夏休みを描いたリトルゴールデンブックを紹介します。 タイトルも、ズバリ「なつやすみ(Summer Vacation)」。 隣どうしに住む仲よしのパトリックとピーター。 2人はいつも このツリーハウス(↑表紙)で遊んでいます。 夏休みには、それぞれの家族で山と海に行くことになりました  続きを読む
Date: 2019-08-03 16:59 ID: 24312256

はりねずみって…。 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:本 こんにちは、ブッククーリエ 店長の Tote です。 いっきょに暑くなりましたね。 さて、現在、ブッククーリエ店頭には ねずみとはりねずみのピクシー絵本が続々入荷中です。 なぜか ドイツのピクシー絵本には、ねずみとはりねずみのお話が多いです。 ねずみは、洋の東西を問わず昔から童話やおとぎ話によく登場しますが、なぜに、はりねずみ? と思って、いろいろ調べてわかったのは、ドイツでは はりねずみはとてもポピュラー  続きを読む
Date: 2019-07-30 17:15 ID: 24311910

ぼくのヘリコプター #ピクシー絵本 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:絵本のたからばこ このピクシー絵本が再入荷しています。 ピクシーファンに人気の作家ヨルゲン・クレヴィンさんの作品です。 「ぼくのヘリコプター(Ilse igel)」。 主人公ははりねずみのイルス、ヘリコプターの優秀なパイロットなんです。 ヘリコプターとともに街の人たちのために貢献しています。 ある日、おまわりさんのピーターに車で逃走中の銀行強盗を捕まえるのを手伝ってほしいとたのまれました(おまわりさんのピーターとい  続きを読む
Date: 2019-07-26 13:46 ID: 24311429

ヴィンテージ、それとも ビンテージ? 3 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:本 7月5日の続きです。 「ヴ」をなくしていくというのは、国としての動きでもあるようです。NHKによると、外務省が外国の国名表記をそう変えるようにしています。 非常にフォーマルなところから そうなっているので、そういうことなのでしょう。 まあ、「ヴ」がなくなっても、大して困ることはなさそうだけど。 「ヴ」がなくなる理由については、日本語の発音では「ヴ」と「バ」行の区別がないから、ということらしい。   続きを読む
Date: 2019-07-23 10:22 ID: 24311112

あこちゃんのこうもりがさ #ピクシー絵本 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ リトルゴールデンブック・ピクシー絵本とも雨のお話が少ないといいましたが、この絵本がありました! 雨につきもののかさのお話です。 「あこちゃんのこうもりがさ(ein gebliimter Regenschirm)」。 日本でも1970年代に出版されたことのあるピクシー絵本の名作で、タイトルは当時のものです。 2000年頃の復刻版では「はなもようのかさ」になっていました。その方が直訳に近いので  続きを読む
Date: 2019-07-22 13:18 ID: 24311021

野ねずみ一家のおひっこし #ピクシー絵本 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ 今年は梅雨が長びいていますね。 雨を描いた作品がないかと探したのですが、リトルゴールデンブック、ピクシー絵本とも欧米の絵本は雨のお話が少ないようです。 そんな中で、このピクシー絵本がありました。 「野ねずみ一家のおひっこし(Familie Maus zieht um)」。 雨が降りつづき、野ねずみの家族の暮らす家が雨もりするようになりました。   続きを読む
Date: 2019-07-18 18:11 ID: 24310533

トイ・ストーリー4を観てきた。 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー トイ・ストーリー4ですよ。 トイ・ストーリーはピクサーの原点、なので新生ディズニーの原点ともいえる。 1の公開から24年(早っ!)、ピクサーヲッチャーの Tote としても感慨ひとしおです。 週末だったので、当然ながら、親子づれが非常に多かったのですが、そのお父さんお母さんには、かつてトイ・ストーリーを観た子供だった人が少なくないのだろうな。 そう思うと、なんだかうれしく  続きを読む
Date: 2019-07-17 20:19 ID: 24310460

スーツケースを開けたら #リトルゴールデンブック [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:ファンタジー Corinne Malvern(コリンヌ・モルバーン)のこの絵本が再入荷しています。 「スーツケースを開けたら(Open up My Suitcase)」。 旅立つ前のわくわく楽しい気分が味わえます。 「ぼくは旅に出るんだ。」と少年がスーツケースを取り出しました。 遠くにいるお友だちに会いに行くんですって。 スーツケースにいろんなものをつめ込んで、旅行の用意をしなくちゃ。   続きを読む
Date: 2019-07-14 22:21 ID: 24310146

ヴィンテージ絵本って、どんな? [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:絵本のたからばこ 先日から、「ヴィンテージ」という言葉について、思うところを少し書いています。 ヴィンテージ絵本といえば、どんな絵本をイメージするかは人によって違うでしょう。 Tote にとって、特にアメリカのヴィンテージ絵本といえば、先日も紹介した Corinne Malvern(コリンヌ・モルバーン)の作品です。 リチャード・スカリーをはじめ、アメリカを代表する絵本作家は数あれど、どうしてこの人なのかというと、やはり時代性  続きを読む
Date: 2019-07-11 17:07 ID: 24309780

ロバートの新しい友だち #リトルゴールデンブック [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:絵本のたからばこ 「ロバートの新しい友だち(Robert and his New Friends)」。 リトルゴールデンブックを語る上で欠かせない作家、Corinne Malvern(コリンヌ・モルバーン)の作品です。 とあるアパート(というより、マンションですよね)に引越してきたロバート少年が新しい友だちをさがすお話です。 大人にとってもそうですが、引越しは子供にとっては大きなイベント。 新しい場所で  続きを読む
Date: 2019-07-08 19:06 ID: 24309446

ヴィンテージ、それとも ビンテージ? 2 [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:本 6月30日の続きです。 (ココのところ、うまい説明が思い付かないんだけけど)日本語でいうバ行の音を含む外来語をカタカナ表記するときに、ときどき出てくる「ヴ」や「ヴァ」や「ヴェ」ですが、これは「ブ」、「バ」、「べ」とどう違うのか? それは、その外来語本来の言語の綴りによる発音の違いです。 「ヴ」で表される、元の言語は「V」。 「ブ」、「バ」、「べ」は、「B」なんですな。 例えば、「banana  続きを読む
Date: 2019-07-05 18:26 ID: 24309077

トミーお医者さんへ行く #リトルゴールデンブック #リチャードスキャリー [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ リチャード・スカリーの人間が主役の絵本です。 「トミーお医者さんへ行く(Tommy Visits the Doctor)」。 小さな子供に、病院はどんなところで お医者さんはこわくないんだよ、ということを教えてくれる絵本です。 今日、トミーは小児科のお医者さんに行きます。 この絵本、トミーのお話だけでなく、子うさぎのボビーがお医者さんに行く話も同時平行しているんです。表紙とすべての  続きを読む
Date: 2019-07-03 21:13 ID: 24308892

ヴィンテージ、それとも ビンテージ? [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:本 こんにちは、ブッククーリエ店長の Tote です。 ブッククーリエはヴィンテージ絵本(それもリトルゴールデンブックとピクシー絵本専門)ショップで、このブログは、その店長日記です。 なぜ、こんなお店をやっているかというと、Tote 自身、古いリトルゴールデンブックとピクシー絵本専門が好きだから。たくさん収集してしまったから。 当然、当店のお客様はヴィンテージ絵本のコレクターの方が多いです。 そのわりには、これ  続きを読む
Date: 2019-06-30 20:50 ID: 24308561

カーズ アンド トラックス #リトルゴールデンブック [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ リチャード・スカリーは動物たちの絵本で有名ですが、こんな絵本も描いています。 「カーズ アンド トラックス(Cars and Trucks)」。 スカリーの絵本にはめずらしく、人間がたくさん登場しています。 でも、やっぱり動物たちも ちょこっと出てきます。 ごくシンプルな文章がついていますが、絵だけでそれぞれの自動車の形や大きさ、役割が 小さな子供にも理解しやすいよう構成されています。   続きを読む
Date: 2019-06-27 20:59 ID: 24308216

ちいさなインディアン #リトルゴールデンブック [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:絵本のたからばこ 先日お話しした、リチャード・スカリーの人間の少年を描いためずらしいリトルゴールデンブックです。「ちいさなインディアン(Little Indian)」。 インディアンの少年が大人(たぶん、お父さん)について、生きるために必要ないろんなことを学んでいきます。 大人のインディアンは大きなテント、小さなインディアンは小さなテントで寝起きするんですね。 そ  続きを読む
Date: 2019-06-26 16:15 ID: 24308104

リチャード・スカリーのめずらしいリトルゴールデンブック [ブッククーリエ [BOOKCOURiER] 店長日記 から]
JUGEMテーマ:絵本のたからばこ こんにちは、ブッククーリエ店長の Tote です。 さて、ツイッターでもお知らせしているとおり、先週から今週にかけてリトルゴールデンブックの主要作家Corinne Malvern(コリンヌ・モルバーン)に続けて、Richard Scarry(リチャード・スカリー)の貴重な絵本を店頭にアップしました。 コリンヌ・モルバーンについては、こちら。 一方、リチャード・スカリー(スキャリーと表記されることも多いで  続きを読む
Date: 2019-06-25 18:57 ID: 24307982

4306件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード