話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/書籍
今日読んだ本
(トラックバック数:20114、ID:00617) ( 04月10日 02時52分 更新)



今日読んだ本はアタリ?ハズレ? オススメしたい本も出来ない本も、記事を書いたらトラックバックして下さい。
トラックバック先URL: 

20114件中  141160件を表示) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

カッレくんの冒険 & 名探偵カッレとスパイ団 A.リンドグレーン [Lothl?rien(ロスロリアン) から]
NHK アニメに触発されて「山賊のむすめローニャ」を読んで以来、岩波少年文庫に収...  続きを読む
Date: 2014-11-10 13:28 ID: 23112772

名探偵カッレくん A.リンドグレーン [Lothl?rien(ロスロリアン) から]
先日、NHKアニメの影響で「山賊のむすめローニャ」を読了しました。  その Re...  続きを読む
Date: 2014-11-07 14:45 ID: 23108023

鹿の王 上橋菜穂子 [Lothl?rien(ロスロリアン) から]
Kindle を購入して良かった!としみじみ感じた1冊(電子書籍でも1冊とカウン...  続きを読む
Date: 2014-11-05 16:35 ID: 23105074

山賊のむすめローニャ A.リンドグレーン [Lothl?rien(ロスロリアン) から]
体調不調からの復帰エントリーの1本目は、NHKアニメの影響というのもあるけれど...  続きを読む
Date: 2014-11-04 14:40 ID: 23103410

2014年10月の読書 読書メーター [Lothl?rien(ロスロリアン) から]
ダーリンの手術、じぃじ & ばぁばのトラブルと何かとバタバタした後、今...  続きを読む
Date: 2014-11-04 13:06 ID: 23103353

鈴木英治さんの 「植物はなぜ5000年も生きるのか?寿命からみた動物と植物のちがい」 [古希じいの 「食べる話」 から]
鈴木英治さんの 「植物はなぜ5000年も生きるのか?寿命からみた動物と植物のちがい」 を読んだ。2002年3月20日講談社刊ブルーバックス新書 240頁 950円。著者は1953年、静岡県生まれ。千葉大理学部生物学科卒。 画像クリックで拡大  続きを読む
Date: 2014-11-02 07:00 ID: 23099850

【スカウト】 -ノンフィクションを直視せよ- [北海道日本ハムファイターズ英雄列伝 〜猛者の記憶〜 から]
中島卓也は近来稀にみる「最高傑作」であったかもしれない... ほとんど無名に近かった福岡工業高時代。プロチームから彼の元へ届けられた調査書は、たったの1球団。※1 その球団こそがハムだった。今や正二塁手となった中島を見出したのが、岩井隆之スカウト。岩井氏から…  続きを読む
Date: 2014-10-26 23:44 ID: 23089820

アサツーディ・ケイ 「お金と心理」の正体 [えいち・えー・だぶるぴー・わい life♪ から]
アサツーディ・ケイの「お金と心理」の正体 のご案内です。 株式会社アサツー ディ・ケイの 「金融カテゴリーチーム」はこの度、 「お金と心理」の正体を刊行しました。 ADKではかねてより金融関係の分析・研究を行い、 知見を集積してきましたが、 蓄積された金融...  続きを読む
Date: 2014-10-16 06:23 ID: 23071697

2014年9月の読書 読書メーター [Lothl?rien(ロスロリアン) から]
随分長い間ブログ更新が滞ってしまいました。  未だに何かとバタバタしていて、まだ...  続きを読む
Date: 2014-10-14 12:27 ID: 23066102

『天保百花塾』井川 香四郎 [ruruの読書ノート から]
天保百花塾(てんぽうひゃっかじゅく) (PHP文芸文庫)posted with ヨメレバ井川 香四郎 PHP研究所 2014-07-09 AmazonKindle楽天ブックス7nethonto 江戸の町方同心を退き、八王子宿にある寺子屋百花塾の手習い師匠となった大窪伝次郎。 家族を養うために悪さをする優等生龍馬、大店に生まれながら親子関係に問題を持つ晋作、母に捨てられた小五郎・・。 問題を抱える子供たちと真摯に向き合いながら伝次郎は八王子に馴染んでいく。 伝次郎の背景がよくわからないところがもやもやするが  続きを読む
Date: 2014-10-12 22:29 ID: 23062487

『絶望ノート』歌野 晶午 [ruruの読書ノート から]
絶望ノート (幻冬舎文庫)posted with ヨメレバ歌野 晶午 幻冬舎 2012-08-02 AmazonKindle楽天ブックス7nethonto 中学2年生の立川照音はいじめられる苦しみを「絶望ノート」と名付けた日記につけていた。 拾った石を崇めるようになった照音がいじめグループのリーダー是永の死を祈ると本当に是永が死ぬ。 警察は照音とその両親を疑うが、証拠は出ない。 更に級友の死を祈る照音、続く殺人、息子の日記に衝撃を受ける親。 事件の真相はどこにあるのか・・。 なかなかの長編でしつこいほどつ  続きを読む
Date: 2014-10-12 21:46 ID: 23062422

『百万石の留守居役(一) 〜』上田 秀人 [ruruの読書ノート から]
波乱 百万石の留守居役(一) (講談社文庫)posted with ヨメレバ上田 秀人 講談社 2013-11-15 AmazonKindle楽天ブックス7nethonto 思惑 百万石の留守居役(二) (講談社文庫)posted with ヨメレバ上田 秀人 講談社 2013-12-13 AmazonKindle楽天ブックス7nethonto 新参 百万石の留守居役(三) (講談社文庫)posted with ヨメレバ上田 秀人 講談社 2014-06-13 AmazonKindle楽天ブックス7net  続きを読む
Date: 2014-10-12 21:17 ID: 23062375

『人生相談。』真梨 幸子 [ruruの読書ノート から]
人生相談。posted with ヨメレバ真梨 幸子 講談社 2014-04-15 AmazonKindle楽天ブックス7nethonto 「居候している女性が出て行ってくれません」「職場のお客が苦手で仕方ありません」「隣の人がうるさくて、ノイローゼになりそうです」・・。 身近な人生相談の裏には事件の影が・・。 大金、死体、ご近所トラブル、家族に恋人、作家に占い師・・。 一見無関係な人生相談、投稿者たちが複雑に絡み合っていく。 一つ一つの話も短編として読める作りだが、全てが伏線となり終結していく構成が巧か  続きを読む
Date: 2014-10-12 20:55 ID: 23062338

『おばさん四十八歳 小説家になりました』植松 三十里 [ruruの読書ノート から]
おばさん四十八歳 小説家になりましたposted with ヨメレバ植松 三十里 東京堂出版 2013-12-10 AmazonKindle楽天ブックス7nethonto 歴史小説家植松三十里さんがデビューまでの道のり、その後の作家生活についてまとめたエッセイ集。 編集者、ライターなど好きだった書くことを仕事にしながらも、42歳で一念発起。 カルチャーセンターに通いながら新人賞にあまた応募し48歳でデビュー。 その後は数々の賞を受賞、現在は歴史小説家として活躍している。 小説家としては遅いデビューかもしれ  続きを読む
Date: 2014-10-12 20:28 ID: 23062300

【書評/読書感想】「僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ」(天野春果) [ロスタイムは7分です。 から]
川崎フロンターレとの3連戦を前に読みなおした一冊。タイトルからは何の本か分からないけど、一応、サッカー本。ただ、中身は「サッカー(川崎フロンターレ)という武器を使って、いかに地域を活性化するか」がメインテーマ。Jリーグサポーターにはお馴染の川崎Fの面白企画が実現に至るまでの過程やその企画に対する想いが紹介されている。 ■「多様なきっかけ」と「楽しむ事」 最近、連続してこの...  続きを読む
Date: 2014-10-07 19:55 ID: 23053553

「尾崎本」 [ノジマニア 〜野島伸司作品を愛すブログ〜 から]
瀬川正仁さんがお書きになった「なぜ尾崎豊なのか。」のなかに、尾崎さんが【OH MY LITTLE GIRL】を気にいっていたという記述があり、嬉しく思いました。尾崎さん自身で創られた曲ですし、思い入れがあるのは、まあ当然のことなのかもしれませんけれど、ライブで歌唱される…  続きを読む
Date: 2014-10-05 16:48 ID: 23049543

東京裁判(上)(下) 児島襄 [Lothl?rien(ロスロリアン) から]
何かとバタバタしており、思うように読書が進まない日々の中、ようやくこちら(↓)を...  続きを読む
Date: 2014-09-29 12:52 ID: 23039191

【書評/読書感想】「僕らがサッカーボーイズだった頃2」(元川悦子) [ロスタイムは7分です。 から]
フットボール批評でお馴染みのカンゼン社さんから頂いた育成本。「2」って事は多分「1」もそこそこ売れたのだと思うし、実際面白かった。プロに入るまでの小学生〜高校生時代にスポットをあてて、本人や指導者、親の証言と共に成長過程を振り返るという内容。 育成関係の本や記事を読むと毎回思うのは練習内容も大切ながら、最重要な事は選手の心へのアプローチだという事。男兄弟に囲まれて育ったヤットや、厳しい...  続きを読む
Date: 2014-09-26 19:36 ID: 23034735

「愛という名のもとに」とは... [ノジマニア 〜野島伸司作品を愛すブログ〜 から]
近ごろ行きづまりというか、そんなものを今の仕事に覚えていまして、退職も視野にいれているところです。 でも怖いんですよねぇ‥‥。知人の何人かも仕事を辞めて、次の仕事先を見つけている最中なんだけど、なかなか思うようにいってないみたいで。再就職の道は、やはり…  続きを読む
Date: 2014-09-21 22:12 ID: 23026897

図解でわかる11大近代戦 山崎雅弘 [Lothl?rien(ロスロリアン) から]
昨日ようやくダーリンが退院しました。  もっとも相変わらず手術した場所からわずか...  続きを読む
Date: 2014-09-16 14:53 ID: 23018195

20114件中  141160件を表示) 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード