話題の検索:
トラックバック・ピープル/エンターテインメント/マンガ
タイムトラベル
(トラックバック数:280、ID:06547) ( 01月13日 16時51分 更新)



タイムトラベル、時間テーマSF、タイムスリップ、タイムマシーン、時間旅行、タイムパラドックスなどなどにまつわるお話、映画、小説、マンガなどご紹介ください。
トラックバック先URL: 

280件中  161180件を表示) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 前のページ 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

アインシュタインガール [ケントのたそがれ劇場 から]
★★  大層なタイトルの割にはお気楽でマンガチックな作品である。主な出演者は、岩佐真悠子、小松愛、福士誠治といったところ。ことに主演の岩佐真悠子の我がまま振りが、演技というより地のままのようで、まさにはまり役であった。 【DVD】アインシュタインガール デ  続きを読む
Date: 2009-05-11 22:21 ID: 16974994

藤子・F・不二雄 短編集 - もう一人の自分 [ポケットに愛読書 から]
藤子・F・不二雄短編集 もう一人の自分編 (My First Big) 藤子・F・不二雄(著) マンガです。おもにパラレルワールドをテーマにしたSF短編集。ぜんぶで7つの作品が収められています。 第1話。マンガ家を目指す少年が、パラレルワールドを行き来して、もう一人の自分とマンガを合作する『ふたりぼち』。 第2話。サラリーマン・黒田弘の前に、ある日突然もう一人の自分が現れる『俺と俺と俺』。その原因を究明してくと、真相は意外なものでした。もう一人の自分の原因は、パラレルワールドでもタ  続きを読む
Date: 2009-05-09 08:37 ID: 16959637

EVENT16 [ケントのたそがれ劇場 から]
 ★★  なんだか米国TVドラマシリーズのようなタイトルだが、れっきとしたニュージランドの完結作品である。評判の悪い作品であることは承知していたが、テーマが僕の好きなタイムトラベルなので、見逃す訳にはゆかないのだ。 オープニングで、三菱パジェロが掘りだされ  続きを読む
Date: 2009-05-06 08:38 ID: 16940922

TIME CRIMES [ケントのたそがれ劇場 から]
★★★★  登場人物がたった4人という、超低予算のスペイン映画で、日本の劇場では未公開なのだが、なかなかアイデアが面白く見応えがあった。 邦画で『サマータイムマシンブルース』という珍品があったが、似たような味わいがある。流石にプロの目は鋭く、すでにD・クロ  続きを読む
Date: 2009-05-05 20:57 ID: 16938056

ホワイトクリスマス 恋しくて、逢いたくて [ケントのたそがれ劇場 から]
★★★☆  原題は『カラー』だが、日本では花の名前を連想しないため、邦題は『ホワイトクリスマス』に変更したのだろう。『カラー』とは「歓喜、熱血、純潔」などの花言葉を持つアフリカ原産の清楚な花の名前だという。本作では主人公のキム・ソヌクのデスクに、謎の女性か  続きを読む
Date: 2009-05-04 11:58 ID: 16930044

時空を超えて [ケントのたそがれ劇場 から]
 イラストを多用した講談社X文庫。当然ながら、ティーンズ向けの「学園SFラブストーリー」といったところである。読み始めたときは、多少バカにしていたのだが、これが結構面白いのだ。読み易いので、通勤の行き帰りで、あっという間に読破してしまった。  彩木学園高校  続きを読む
Date: 2009-05-02 10:20 ID: 16918249

ステップ  [ケントのたそがれ劇場 から]
 西澤保彦の『7回死んだ男』というミステリーがあるが、本書では主人公の斎木章が10回も死ぬのだ。ミステリーでもあるのだが、どちらかというとハードボイルドタッチである。 ステップ著者:香納 諒一販売元:双葉社Amazon.co.jpで詳細を確認する  死んで  続きを読む
Date: 2009-04-26 20:25 ID: 16882870

時間をまきもどせ [ケントのたそがれ劇場 から]
 誰にでも失敗したことを取り消して、もう一度やり直したいと切望するときがあるだろう。この作品は、パワー・オブ・アンという携帯用タイムマシンを使って、そうした願いを叶えようとする少年のお話である。とても心温まるファンタジー系SFジュブナイルといえよう。 時間  続きを読む
Date: 2009-04-12 15:02 ID: 16794414

名前探しの放課後 [ケントのたそがれ劇場 から]
 原因不明のタイムスリップで、3ヵ月先の未来から戻ってきた高校生の依田いつか。彼は3ヵ月先に同級生が自殺するが、それが誰だったのかは、どうしてもは思い出せないと言う。そこで彼は、これから起こる自殺を阻止しようと、仲間たちと協力して自殺者の名前探しを始める。  続きを読む
Date: 2009-04-08 13:48 ID: 16769771

靖国への帰還 [ケントのたそがれ劇場 から]
 大平洋戦争末期、米軍機の本土空襲を阻止するため、残り少ない戦闘機「月光」に勇んで搭乗する武者中尉。だが健闘むなしく、空中戦で被弾して厚木基地に不時着する。 そのまま気を失って、気が付くと基地の病院のべッドの中であった…。ところが見た事もない蛍光灯という照  続きを読む
Date: 2009-04-04 11:31 ID: 16745979

相対性理論を楽しむ - アインシュタイン入門 [ポケットに愛読書 から]
みなさん、どうもです。今日もアクセスいただいてありがとうございます。 きのうのエントリーではタイムリープのことを書かせてもらいました。きょうは時空関連ということで相対性理論の本を紹介させて下さい。 「相対性理論」を楽しむ本?よくわかるアインシュタインの不思議な世界 (PHP文庫) 佐藤 勝彦(著) ぼくは高校数学からして当たり前のように苦手です。だから当然、相対性理論なんて理解不能です。そのくせ時間とか空間とか浦島効果とかタイムパラドックスの話が大好きです。 数学はわからない  続きを読む
Date: 2009-04-01 13:35 ID: 16728425

ドラえもん - タイムパラドックス [ポケットに愛読書 から]
過去は変えられるのか、変えられないのか、それが問題です。 ドラえもん (1) (てんとう虫コミックス) 藤子・F・不二雄 『ドラえもん』は過去・現在・未来のつじつま合わせが芸術的にうまい漫画で、その知的興奮も大きな魅力です。 『ドラえもん』の第1巻に収録されている「ご先祖さまがんばれ」は、タイムパラドックスを扱った話です。『ドラえもん』にはタイムパラドックス系のエピソードがたくさんありますが、その先駆けとなったのが、この「ご先祖さまがんばれ」です。 以下、ネタバレがあります。  続きを読む
Date: 2009-03-12 17:04 ID: 16617171

柳生十兵衛死す [ケントのたそがれ劇場 から]
 柳生十兵衛が、パラレルワールドから攻めてくる魔人達を、バッタバッタと斬り捨ててゆく荒唐無稽な時代劇である。 しかも敵の総大将は、徳川家康なのである。原作はあの山田風太郎であるが、石川賢流に大胆アレンジしてしまった。こうしたアレンジでは、夢枕獏の小説を自分  続きを読む
Date: 2009-03-04 12:54 ID: 16570255

虹の天象儀 [ケントのたそがれ劇場 から]
 古いプラネタリウムを使って、過去にタイムトラべルするお話。確かにプラネタリウムは、その神秘的でメカニカルな形状が、まるでタイムマシンのようだし、天空を写し出すのだから、時空も操作出来るような気分になってしまいそうだ。 世界初の光学的プラネタリウムの開発を  続きを読む
Date: 2009-02-25 17:46 ID: 16531039

地平線でダンス [ケントのたそがれ劇場 から]
 この作者の作品は、いつも悪女の存在がしつこいのと、主人公と思われる人物の主張がなかなか実現されないというイライラであろう。だからいつまでもスイレスが発散出来ないのだが、次の展開が気になって続きを読みたくなるという矛盾した麻薬的な力を持っている。 地平線で  続きを読む
Date: 2009-02-15 11:26 ID: 16471703

ポンコツタイムマシン騒動記  [ケントのたそがれ劇場 から]
 町の発明家先生が、廃品回収した電機製品を利用してタイムマシンを作りあげ、娘のトキ子とラーメン屋の三郎少年を乗せて過去に旅立つ。コミカルなジュブナイルで、舞台はたったの2ヵ所、登場人物も10人以下という、映画ならばさしづめ「超B級低予算映画」といったところ  続きを読む
Date: 2008-08-31 12:55 ID: 15510569

トムは真夜中の庭で  [ケントのたそがれ劇場 から]
 ジュニア向けタイムトラベル小説の代表作である。中古書店ではどうしても手に入らなかった幻の名作。ところが図書館では簡単に借りることが出来てしまった。なんだ初めから図書館を探せばよかったんだな・・・。  弟ピーターがはしかに罹ってしまったため、トムは夏休みに  続きを読む
Date: 2008-08-29 18:53 ID: 15500943

タイムマシン論 [ケントのたそがれ劇場 から]
 相対性理論を非常に判り易く解説してくれているのだが、物理オンチの私には今一つ理解出来ない。だが読み易い本なので、2日間で一気に読み終ってしまった。 さて現在の理論では、光より早く進む物体はあり得ないと考えられている。光速に近づくと質量が膨張してしまうから  続きを読む
Date: 2008-08-15 17:31 ID: 15428767

この人を見よ [ケントのたそがれ劇場 から]
 神経質でユングに傾倒する神秘主義者のカール・グロガウアーは、イエス・キリストの生涯に異常な執着心を持っていた。ある日偶然にタイムマシン製作者と知り合い、人体実験でタイムマシンに搭乗することになる。  彼はキリストの処刑を見届けようと、西暦29年のエルサレ  続きを読む
Date: 2008-08-10 13:16 ID: 15400400

ボトルネック [ケントのたそがれ劇場 から]
 2年前に事故で東尋坊から墜落死した恋人を弔うために、同じ場所に立った嵯峨野リョウ。だが彼もバランスを崩して崖から落ちてしまうのだ。そして気がつくと、そこは彼女と初めて言葉を交わした金沢の公園であった。  ところがそこは、彼が存在しない世界で、彼の世界では  続きを読む
Date: 2008-08-03 10:53 ID: 15360546

280件中  161180件を表示) 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 前のページ 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード