話題の検索:
トラックバック・ピープル/スポーツ、レジャー/旅行
イタリア旅行に関するいろいろ
(トラックバック数:289、ID:07158) ( 04月03日 02時19分 更新)



イタリア旅行に関すること書いたら、トラックバックして下さい。安くて美味しいレストラン。安くて良い宿。日本人があまり行かない場所。やっぱりメジャーな観光地も良いよ。こんなことで困った。こんなことで嬉しかった。など、いろんな情報大募集。
トラックバック先URL: 

289件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

いたずら電話が実はSOS [世界のビックリニュースの視点 から]
いたずら電話がイタリアへの難民   http://news.livedoor.com/article/detail/11365785/   『【AFP=時事】イタリア・ローマ(Rome)在住の年金生活者の男性(66)が、荒れた海で遭難寸前だった約6 ...  続きを読む
Date: 2016-04-03 02:19 ID: 23869857

ローマのいたずら電話が実は・・・ [世界好奇心! ラテンな旅人gido から]
いたずら電話がイタリアへの難民   http://news.livedoor.com/article/detail/11365785/   『【AFP=時事】イタリア・ローマ(Rome)在住の年金生活者の男性(66)が、荒れた海で遭難寸前だった約600人の移民たちの命を救った??。  伊メディアが3月31日、報じた。 …  続きを読む
Date: 2016-04-03 02:07 ID: 23869839

100年前の目に見えない精液からDNA解明 [世界好奇心! ラテンな旅人gido から]
100年前の精液からDNA再構築 http://news.livedoor.com/article/detail/9883568/ 『【AFP=時事】イタリアの法医学専門家チームは12日、国民的英雄とされる詩人が100年 前に愛人に贈ったハンカチに残された精液を分析し、そ…  続きを読む
Date: 2015-03-13 14:02 ID: 23312278

怒りの罰金 [世界のビックリニュースの視点 から]
呆れたイタリア警官 ?? http://news.livedoor.com/article/detail/9578226/ ? 『病気や高齢により体力や脚力が乏しくなっている人々から、たびたび聞かれる「横断歩道の青信号が短くて怖い」という ...  続きを読む
Date: 2014-12-16 01:39 ID: 23170142

足が遅くて罰金 [世界好奇心! ラテンな旅人gido から]
呆れたイタリア警官 http://news.livedoor.com/article/detail/9578226/ 『病気や高齢により体力や脚力が乏しくなっている人々から、たびたび聞かれる「横断歩道の青信号が短くて怖い」という言葉。 イタリアではこのほど、85歳の男性が…  続きを読む
Date: 2014-12-16 01:32 ID: 23170136

イタリア観光案内 [イタリア観光案内 から]
イタリア観光名所を動画でご案内しています   続きを読む
Date: 2014-08-20 05:44 ID: 22973284

【P5100】窓辺の密談 [M42の写真とガーデニングの日々 から]
今日も海外シリーズから、イタリア北部のStresaの1枚です。モノクロに近い処理で。   続きを読む
Date: 2012-11-07 21:34 ID: 21293530

ベネチア・ビエンナーレ 金獅子賞 [世界好奇心! ラテンな旅人gido から]
ベネチアで金獅子賞  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00001090-yom-soci 『【ベネチア=高野清見】現代建築の国際展、第13回ベネチア・ビエンナーレ建築展が29日、イタリア北部のベネチアで開幕し、55か国による国別参加部門 で、東日本大震災復興…  続きを読む
Date: 2012-09-01 00:58 ID: 21103300

ロンバルディアの小さな町ローディとナポレオン [ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく - から]
ミラノから南に約30kmの所にLodi/ローディという人口4万人ほどの 古い町へ散歩がてら出かけてみた。 ローディといえば、スタンダールのパルムの僧院の書き出しが印象的だ。    ー 1796年5月15日、ボナパルト将軍はロジ橋を渡って       シーザーとアレクサンダーが幾多の世紀を経て       1人の後継者をえたことを世界に知らしたばかりの、       あの若々しい軍隊をひきいてミラノに入った。ー        (パルムの僧院/岩波文庫/生島僚一訳より) この北  続きを読む
Date: 2012-05-29 00:43 ID: 20917097

パヴィア修道院 [ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく - から]
ミラノから約20km南に位置し、のどかな田園風景が広がる 美しいロンバルディア平原の中にひっそりと佇んでいるパヴィア修道院。 修道院の中では世界でも5本の指に入ると言われていて、 今でも厳しい修行を続けている修行僧が、自給自足で 生活している僧房と教会部分から成っており、 1396年にジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティが 菩提寺にしようと着工し、約160年の歳月をかけて建設された。 この間にミラノのドゥオモ大聖堂建設に関わった著名な 建築家  続きを読む
Date: 2012-04-24 20:34 ID: 20845504

東京都 江古田 イタリアンレストラン ビストロ58 (BISTRO58) [東京都 江古田のダイニングバーBISTRO58(ビストロ58) から]
東京都 江古田 イタリアンレストラン ビストロ58 (BISTRO58) ビストロ58 (BISTRO58) は、 2011年オープンの東京は江古田のイタリアンレストランです! ツイッター→https://twitter.com/#!/58BI...  続きを読む
Date: 2012-03-25 05:50 ID: 20779180

百貨店 ラ・リナシェンテの誕生秘話 [ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく - から]
       (1898年頃のラ・リナシェンテ) ミラノ旅行の際、かなりの頻度でお世話になるであろう、 イタリア唯一の百貨店ラ・リナシェンテ。 このラ・リナシェンテがミラノに誕生したのは1865年。 場所も今の所ではなく、もう少し奥まったvia Santa Radegonda/ サンタ・ラデゴンダ通りにオープンした。 オープンの立役者はボッコーニ兄弟。父親が生地の行商人をしていた関係で 幼少の頃から生地、仕立てなどに親しんでいたのだろう。 このフェルディナンド・ボッ  続きを読む
Date: 2012-01-20 00:05 ID: 20637227

ペトラルカのミラノ滞在 [ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく - から]
ラテン語で言うとペトラルカ、本名フランチェスコ・ペトラッコは1304年アレッツォで生まれた。 ペトラルカは自分を「さすらい人」と呼び、彼の人生は旅から旅への 連続であったと言っても過言ではないだろう。 次から次へと居住地を変えたペトラルカが、一ヶ所にずっと居を構えて 住んだのはアヴィニヨン(1326年-1337年)と、なんとミラノであった。 彼のミラノ滞在は1353年から1361年の8年間にも及び、 他の居住地と違って、ミラノが彼にとってもかなり重要な場所であった事が うかが  続きを読む
Date: 2011-12-29 03:27 ID: 20590280

世の中にある不思議 イタリア [世界好奇心! ラテンな旅人gido から]
イタリア3兄弟 奇妙な運命   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111130-00000012-jij-int  『【ジュネーブ時事】29日付のイタリア紙コリエレ・デラ・セラによると、同国南部シチリア島で、兄弟3人が同じ日に心臓発作に見舞われる出来事があっ た…  続きを読む
Date: 2011-11-30 23:58 ID: 20521932

アルテミジア・ジェンティレスキ展 [ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく - から]
現在ミラノ王宮パラッツォ・レアーレで開催中の展覧会で、何より一押しは このアルテミジア・ジェンティレスキ展である。 2012年1月29日までやっているので、この時期ミラノに来られる方は 是非!    (1623年頃 アルテミジアの自画像) 1593年7月8日にローマで生まれたアルテミジア。 この16世紀から17世紀にかけて、個性的な女性の芸術家が 美術史に誕生した初めての世紀であり、このアルテミジアは、 それらの先駆者的存在でもある。 しかし当時の画家というのは、  続きを読む
Date: 2011-11-30 20:19 ID: 20521402

レオナルド・ダ・ヴィンチの美しき姫君 [ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく - から]
またまた新聞にレオナルド・ダ・ヴィンチのニュースが! レオナルドの作品に、また新たに1作、加えられた。 Corriere della Sera新聞 かなり長い間、この写真の作品は19世紀にイタリア遊学中の ドイツ人の無名画家が、レオナルドの絵画を 模写したものかもしれないと言われていた。 1998年にNYのクリスティーズのオークションでは 21,850ドルで落札され、「ルネサンスのドレスを着た少女」と (英語では)名付けられていたらしい。 (イタリアでは『La B  続きを読む
Date: 2011-10-13 22:56 ID: 20398006

レオナルドの「アンギアーリの戦い」は見つかるか? [ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく - から]
レオナルド・ダ・ヴィンチに関してちょっと調べてたら、 興味深い記事を見つけた。 La Repubblica新聞のFirenze版 レオナルドの幻の「アンギアーリの戦い」が長〜い年月を経て、 来年2012年には存在するかどうかの調査結果が明らかに なると書いてある! ルーブル美術館所有のルーベンス「アンギアーリの戦い」の模写は 有名だが、彼がこの模写をした時(1603年)にはすでに レオナルドがフィレンツェ共和国から依頼され、ヴェッキオ宮殿の 五百人広間に1504年頃か  続きを読む
Date: 2011-09-29 01:52 ID: 20358284

ナヴォーナ広場 [tomopfcのヨーロッパ旅行記 から]
ローマの ナヴォーナ広場 です 260m×50mの細長い楕円形の広場は、 1世紀にドミティアヌス帝が競技場として造ったのが始まりです 15世紀に、ここに市場を移され、庶民の生活の中心となりました 17世紀には、イノケンティウス10世により広場の整備が始められ、 当時の有名建築家の手により、見事なバロック様式の空間が造られました 広場の中央、西側に面して建つ サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会 は、 聖女アグネスが殉教した場所に、8世紀に建てられた教会です ...  続きを読む
Date: 2011-08-07 13:03 ID: 20216552

ナヴォーナ広場 [tomopfcのヨーロッパ旅行記 から]
ローマの ナヴォーナ広場 です 260m×50mの細長い楕円形の広場は、 1世紀にドミティアヌス帝が競技場として造ったのが始まりです 15世紀に、ここに市場を移され、庶民の生活の中心となりました 17世紀には、イノケンティウス10世により広場の整備が始められ、 当時の有名建築家の手により、見事なバロック様式の空間が造られました 広場の中央、西側に面して建つ サンタニェーゼ・イン・アゴーネ教会 は、 聖女アグネスが殉教した場所に、8世紀に建てられた教会です ...  続きを読む
Date: 2011-08-07 13:03 ID: 20216551

トスカーナ オルチャ渓谷 モンテオリヴェート修道院 カンティーナ [Potpourri - イタリアとフランスの古い紙 - から]
世界遺産のオルチャ渓谷にはまだまだ知られざる(?)見所がいっぱいあります。 このシエナの南東に広がる田園地帯はこの地域特有の Crete senesi(クレーテ・セネージ)とよばれる粘土質の土が特徴。 そこにポツンポツンと糸杉が並ぶ姿はなぜか心が安らぎます・・・ この地域はもともと耕作には適しておらず、以前は荒れ地だったとか。 それが中世以来、長い時間をかけ、穀物とブドウ、オリーブなどの 樹木を同一の耕地で栽培し、丘の斜面にブドウ畑とオリーブ畑が 交互に見えるこの景観をつくり上げ  続きを読む
Date: 2011-08-02 23:31 ID: 20203837

289件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード