話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/書籍
本好きPeople・ぴーぷる
(トラックバック数:40640、ID:00725) ( 12月05日 10時29分 更新)



本好きPeople参加サイトさんで、本の感想を書いた時にトラックバックしてください。
トラックバック先URL: 

40640件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ
スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

「若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録」に鳥肌どころか鮫肌になるくらいの感動を [らむね的通販生活 から]
いやー、すごい本読んじゃった。 ポールさんこと、加藤順彦さんの、「若者よ、アジアのウミガメとなれ」 現在、kindle無料おためし版が出ています! ちょっと鳥肌がたって、鮫肌になりそうなくらい、感動し...  続きを読む
Date: 2016-11-28 02:19 ID: 24125774

蜜蜂と遠雷(恩田陸) [のほ本♪ から]
3年に一度開催される芳ヶ江国際ピアノコンクールにはジンクスがあった。 「ここを制する者は、世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」 マサル・C・レヴィ・アナトール、栄伝亜夜、風間塵、高島明石。数多くの天才たちがひしめくコンクールを、彼らは勝ち抜けるのか?最後に栄光をつかむのはいったい誰なのか・・・? 本を読んだのではない。本を通してコンクールのピアノ演奏を聴いたのだ。そんな感じがする。コンクールで勝ちあがるための壮絶ともいえる演奏。聴こえるはずのないピアノの音が、この本を読んでいると  続きを読む
Date: 2016-11-27 21:18 ID: 24125600

「恋のゴンドラ」東野圭吾 [読書感想文 と ブツブツバナシ から]
「恋のゴンドラ」東野圭吾 里沢温泉スキー場のゴンドラで、 広太は信じがたい偶然に巻き込まれ。。。 また同スキー場で、不器用男のため、 綿密な計画による、 プロポーズ大作戦が結構されようとしていた HPアリ 久々に本屋をのぞいたら、コレを発見 また東野さんの雪山モノ!だし、 冬に向けてテンションあげてこうとしてたので、迷わずゲット 「疾風ロンド」の映画化でも盛り上がってて、 「雪煙チェイス」も近々でるみたいだな ”雪山での恋愛模様”みたいな感じ。 雪山好きからすると、設定とか状況とかが  続きを読む
Date: 2016-11-23 21:46 ID: 24124503

「山女日記」湊かなえ [読書感想文 と ブツブツバナシ から]
「山女日記」湊かなえ いろいろなことを抱えた女性たちは、 何かを求めて?山に登る 妙高山/火打山/槍ヶ岳/利尻山/白馬岳 /金時山/トンガリロ/カラフェスに行こう の8編の連作短編集? テレビドラマ放送中 山好きとしては、知っていたのだけれども、 「告白」読んで以来(もう8年前!!)なんだか、 ちょっと湊さん読み進めるのを躊躇してて、、 http://yaplog.jp/dm97032/archive/489 でも、工藤さんでドラマ化と聞いて、読んでみることに 登場人物たちが緩やかに繋がっ  続きを読む
Date: 2016-11-23 18:23 ID: 24124461

「東京會舘とわたし」辻村深月 [読書感想文 と ブツブツバナシ から]
インタビューアリ  大正十一年に竣工した、東京會舘。 激動の時代を生き抜いてきた建物とそこで働く人々 そして、そこに訪れる人々に様々な想いを残していた インタビューや引用や、歴史ものらしく史実をしっかり素地にしながら、 様々なエピソードが書かれているぽい。 少しずつ短編間での関わりがあったりする楽しみもある 激動の日本の歴史をたどりながら、 そこに訪れるひとを描く流れが、とてもいいし、、 やはり、全編通しての 東京會舘のおもてなしスピリットがグッとくる。 辻村さんのこの何とも言えない、 読み手の  続きを読む
Date: 2016-11-22 12:03 ID: 24124089

「武蔵野アンダーワールド・セブン?意地悪な幽霊?」長沢樹 [読書感想文 と ブツブツバナシ から]
「武蔵野アンダーワールド・セブン         ?意地悪な幽霊?」長沢樹 女子大の地下劇場で、幽霊の仕業な? 転落事故が多発。。。 そこで相談を受けたのは「地下世界研究会」 調査に入った矢先、 依頼主の演劇サークルメンバーが犠牲に。。。 武蔵野アンダーワールド・セブン その2 まだよくわからない世界観なこのシリーズ。 転落事故のくだりの前に”地下砦”とある男のくだり とか、忘れかけてた多重人格な神子都とその周辺 調査に入ったら、次々と犠牲者が。。。 神子都のことが少し明かされてたり、シ  続きを読む
Date: 2016-11-22 11:08 ID: 24124059

シンギュラリティについて一体何を私は知っているのか? [らむね的通販生活 から]
え、知りません。知らないんですけど、この言葉自体は割りと昔から知っていて、知っているけど、理解していないという、そういう感じです。 私は、BSワールドニュースの夕方4時版を毎日録画して二倍速で見るとい...  続きを読む
Date: 2016-11-20 02:03 ID: 24123302

潮騒のアニマ(川瀬七緒) [のほ本♪ から]
小さな離島でミイラ化した女性の遺体が発見された。死後3ヵ月を経過したと思われる遺体は、首つり自殺として処理されようとしていた。だが、法医昆虫学者の赤堀は、遺体がいつもとは違うことに気がついた。「虫の声が聞こえない。」はたして、この遺体に隠された謎とは?法医昆虫捜査官シリーズ5。 犬がどこからか運んできた女性の遺体は、首つり自殺をしたものと思われた。だが、遺体を中心にしての昆虫相が全く組まれていない・・・。どうすればこういう状態になるのか?いつもは虫たちの声を聞く赤堀は戸惑った。それでも、根気よ  続きを読む
Date: 2016-11-18 22:01 ID: 24122855

恋のゴンドラ(東野圭吾) [のほ本♪ から]
桃実と一緒にスキー場にやって来た広太は、ゴンドラに乗り合わせた4人の女性の中のひとりを見て驚愕した。それは何と、同棲相手の美雪だった。しかも!彼女とは結婚することになっている。「ゴーグルとフェイスマスクを外すわけにはいかない。」「声を出すわけにはいかない。」広太の地獄の時間が始まった・・・。「ゴンドラ」を含む7編を収録。 桃実、秋菜、麻穂、美雪、広太、栄介、春紀、直也の8人の男女が繰り広げる恋の物語だ。7編の短編はどこかで微妙につながっている。同棲相手の美雪を騙して桃実とスキー場にやって来た広  続きを読む
Date: 2016-11-17 21:05 ID: 24122549

氷の轍(桜木紫乃) [のほ本♪ から]
北海道釧路の海岸で、他殺体が見つかった。被害者は、札幌に住む80歳の滝川信夫という男性だった。身寄りのない独身の老人が釧路にやって来たのはいったいなぜなのか?釧路方面本部刑事第一課の大門真由は、生前の滝川の足取りを追うことにしたのだが・・・。 過去のことを忘れた者、過去のことを忘れようとしている者、過去をいまだに引きずっている者、がいた。その者たちをつなぐ過去のできごとは、今では考えられないような貧しい時代に起きた悲劇だった・・・。 過去を引きずる者は、償いを考えた。だがそれは、自己満足に過  続きを読む
Date: 2016-11-16 09:33 ID: 24121301

向田理髪店(奥田英朗) [のほ本♪ から]
過疎に悩む田舎町だけれど、そこに住む人たちには人情があった。息子の問題、親の介護問題、異国の花嫁、映画のロケ地に決定などなど、次々起こるできごとに、町のみんなが協力し合う。北海道の寂れてしまった炭鉱町を舞台にした心温まる物語6編を収録。 過疎化が進みどんどん衰退していく町。何とか街を活性化しようと、若者たちが立ち上がる。そんな町に、いろいろなできごとや問題が起こる。その内容はかなり深刻なものだと思う。だが作者は、話が暗くならないようにそれらをユーモラスにさらりと描いている。 小さな町だ。だか  続きを読む
Date: 2016-11-15 15:13 ID: 24120199

無私の日本人(磯田道史) [のほ本♪ から]
寂れていく宿場町。「このままでは町が危うい!」町の行く末を案じた穀田屋十三郎は、同志とともに命がけの行動を起こす。「穀田屋十三郎」を含む3編を収録。 「穀田屋十三郎」「中根東里」「太田垣蓮月」。この作品の中の3つの話は、どれも実在した人物を取り上げている。 穀田屋十三郎は、寂れゆく町を救うために藩に金を貸し付けてその利子を全住民に配る仕組みを考えた。だが、それは大変なことだった。一歩間違えば、全財産だけではなく自分の命や家族の命が無くなるかもしれないのだ。そういう不安や恐怖と闘いながら、十三  続きを読む
Date: 2016-11-14 06:52 ID: 24118238

暗幕のゲルニカ(原田マハ) [のほ本♪ から]
20世紀を代表する絵画、ピカソの「ゲルニカ」。そのタペストリーが国連本部のロビーに飾られていたが、ある日突然姿を消してしまった。戦争に対する人々の思惑が、過去でも現代でも交錯する。「ゲルニカ」は、平和を望む人たちによってメッセージを発信することができるのか・・・? 人々の目に触れないように、国連の安保理会議場のロビーにあるピカソの名画「ゲルニカ」のタペストリーに暗幕が掛けられた。それは、戦争を起こそうとする人間たちの手によるものだった。反戦の象徴である「ゲルニカ」は、イラク空爆の会見の場にはふ  続きを読む
Date: 2016-11-13 22:09 ID: 24117687

サクラ咲く(辻村深月) [のほ本♪ から]
塚原マチが図書館から借りた本の中に入っていた細長い紙に書かれた文字は、『サクラチル』だった。書いたのは同じクラスの誰か?マチと”誰か”の本を介してのメッセージのやり取りが始まった。表題作「サクラ咲く」を含む3編を収録。 人が成長し子供から大人へと変化する時期は、本当に微妙な時期だと思う。作者は、その微妙な時期に揺れ動く少年や少女たちの心情を実に細やかに描いている。作者の彼らを見る目は温かい。 3編の中で印象に残ったのは、「サクラ咲く」だ。自分の考えをうまくまわりに伝えられない塚原マチ。読んで  続きを読む
Date: 2016-11-12 23:10 ID: 24116255

父・藤沢周平との暮し(遠藤展子) [のほ本♪ から]
若いころ結核にかかりやむを得なく人生の進路を変更した。病気で最愛の妻を若くして亡くした。そんな藤沢周平がいつも口にしたのは、普通の生活を毎日続けることの大切さだった。娘・遠藤展子さんが語る、藤沢周平の素顔とは? 人のやさしさや人情味にあふれた温もりのある小説を描き続けた、作家・藤沢周平。その彼の素顔を描いたのが、娘の遠藤展子さんだ。展子さんは、生後8か月の時に実母を癌で亡くした。藤沢周平は、再婚するまでの数年間男手ひとつで展子さんを育てた。母のいない暮し・・・。彼は、娘にみじめな思いをさせない  続きを読む
Date: 2016-11-11 20:05 ID: 24114983

おおあたり(畠中恵) [のほ本♪ から]
一太郎の幼なじみの栄吉は菓子屋の跡取り息子だが、今は修業の身だ。なので、許嫁のお千夜とはまだ所帯を持つことができない。そんなお千夜に想いを寄せる男が現れたから、さあ大変。この騒動の結末は・・・?表題作「おおあたり」を含む5編を収録。「しゃばけシリーズ」15。 廻船問屋兼薬種問屋・長崎屋の若旦那の一太郎は相変わらず病弱で、兄や達を心配させていた。そんな一太郎のもとには、相変わらずいろいろな相談事が持ち込まれていた。 「おおあたり」では栄吉とその許嫁との話だが、月日とともに人の心も変わっていくの  続きを読む
Date: 2016-10-30 21:37 ID: 24100763

「きのうの影踏み」辻村深月 [読書感想文 と ブツブツバナシ から]
「きのうの影踏み」辻村深月 怪談や都市伝説のような、 ちょっとホラーなちょっと不思議な 13編の短編集。 最近は短編集よりも、長編をじっくり読みたい気分だったので、 これもちょっといつ読もうかな〜と思ってたら、、 図書館で偶然発見して、じゃあ、と借りることに 超短編なんかも含む13編は、ちょっと怪談的な雰囲気。 そういうものは苦手じゃないけど、好きなほうでもないので、 イマイチ乗り切れないところはあったかな あと、短編の気分じゃないってのもあって。。。 印象に残ってる  続きを読む
Date: 2016-10-20 23:34 ID: 24089259

「凪の司祭」石持浅海 [読書感想文 と ブツブツバナシ から]
「凪の司祭」石持浅海 ゲリラ豪雨で地下にいた若者が亡くなる。。 ある喫茶店のバイトの看板娘は、 ショッピングモールに 無差別テロを仕掛けようと立ち上がる それに密かに協力する者たち 石持さんのテロものか〜 と躊躇してたら、、、図書館で発見する ショッピングモールで無差別テロが行われる その計画には、5人の知人が密かに関わりアドバイスを行っていた しかし決行当日ハプニングがあり。。。 テロ計画自体は、 かなり練られた上に行われるって感じで、 行動心理学的?なことなのだろうけど、、、 その  続きを読む
Date: 2016-10-16 23:09 ID: 24084651

「クラウドクラスターを愛する方法」窪美澄 [読書感想文 と ブツブツバナシ から]
「クラウドクラスターを愛する方法」窪美澄 クラウドクラスターを愛する方法  幼い頃に出て行った母親と再会したが、  うまく関わっていけない主人公。 キャッチアンドリリース  親が離婚した、少年少女。    の2編。 窪さんを読み進めるべ!で刊行順にこれを クラウドクラスターを愛する方法 は、娘が思う母との関係(一般的な状況じゃないけど)とか 仕事のこととか、一緒に住んでる彼氏のこととか、、 キャッチアンドリリース は、少年少女は、 別れてしまった、それぞれの両親について どちらも、特にこ  続きを読む
Date: 2016-09-21 22:20 ID: 24055273

「スタフ staph」道尾秀介 [読書感想文 と ブツブツバナシ から]
「スタフ staph」道尾秀介 ワゴン車で移動デリをしている夏都は、 ある日ワゴン車ごと連れ去られ、 マンションの1室である計画を聞かされる。。 美少女とメンバー、甥っ子に数学講師。 事態は思わぬ方向へ流れていく。。 HP 久々の道尾さん! その気の強さ?で計画にどっぷり関わっていく夏都。 おかしな仲間たちが、 ドタバタ、スリリングな冒険をしていくような流れで、、 計画は成功するのか!? という展開は、それだけでも楽しい感じ。 後半で、その計画の真意とは?とか、 はたまた、その真意の裏  続きを読む
Date: 2016-09-21 21:58 ID: 24055248

40640件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ



「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード