話題の検索:
トラックバック・ピープル/芸術と人文/書籍
藤沢周平作品を語ろう
(トラックバック数:102、ID:07344) ( 01月25日 14時32分 更新)



藤沢周平さんの作品について語り合いましょう。
トラックバック先URL: 

102件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 次のページ

スパム記事は会員用ページからBlogPeople事務局に連絡することでトラックバック・ピープル上から一括で削除およびフィルタリングが可能です。
アフィリエイト系やスパムと間違われる可能性があるような記事は「くちこみとらば」で用意されている話題にトラックバックしてください。

暁のひかり [暁のひかり( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
一人の女との出会いが、世間のはみ出し者を思わぬ道へ導いていく。人足、荒くれなど、巷のはぐれ者たちの哀切な息づかいを端正に捉えた短編名品集。  続きを読む
Date: 2014-01-25 14:32 ID: 22631455

神隠し [神隠し( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
ふとした事で起こる人の変化を鋭く精緻に描いた短編11編。伊沢屋の内儀お品が不意に姿を消した。三日後ひょっこり戻ってきたが、やつれながらも何故か凄艶さを漂わせている。  続きを読む
Date: 2013-12-01 20:05 ID: 22528937

時雨のあと [時雨のあと( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
下級武士や市井の人々の、雨後の喜びを描いた短編集。どの作品も人の愛情に満ちていて、まるで時雨のあとに訪れる心地よい晴れ間のようだった。  続きを読む
Date: 2013-11-28 19:51 ID: 22523658

夜の橋 [夜の橋 ( 藤沢周平 ) | Reading Books [ 書評・ブックレビュー ] から]
武家ものから市井ものまで、人々の哀歓を描いた短編集。 登場人物の憂いが感じられる作品が多いものの、その結末はさっぱりとしていて、心地よい。中でも【泣くな、けい】が気に入っ  続きを読む
Date: 2013-11-10 19:56 ID: 22489851

竹光始末 [竹光始末( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
武家や市井の人々の営みをユーモラスに、繊細に描く6編。徐々にユーモアが混じりだしたころの藤沢作品で、中でも【恐妻の剣】が気に入っている。  続きを読む
Date: 2013-10-27 18:58 ID: 22462170

隠し剣秋風抄 [隠し剣秋風抄( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
秘剣を持つ武士の哀歓と剣闘の緊迫感を描いた時代小説。映画『武士の一分』の原作【盲目剣谺(こだま)返し】を含む、全9編を収録。  続きを読む
Date: 2013-10-26 18:44 ID: 22461121

隠し剣孤影抄 [隠し剣孤影抄( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
個性的な主人公が秘剣を放つ。剣客の哀歓と剣劇が魅力の時代小説。映画化された【隠し剣鬼ノ爪】、【必死剣鳥刺し】、TVドラマ化された【宿命剣鬼走り】を含む、全8編収録。  続きを読む
Date: 2013-10-25 19:36 ID: 22460028

半生の記 [半生の記 ( 藤沢周平 ) | Reading Books [ 書評・ブックレビュー ] から]
人々の哀歓を繊細に描いた藤沢作品の源が感じられるエッセイ。前妻の死などを綴った【死と再生】や、藤沢周平の最後までを記録した『年譜』に胸が苦しくなった。  続きを読む
Date: 2013-10-03 19:29 ID: 22434148

たそがれ清兵衛 [たそがれ清兵衛( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
癖はあるが剣の腕は一流の武士達が作り出すユーモラスな時代小説8編。下城の太鼓が鳴ると、いそいそと家路を急ぐ、人呼んで「たそがれ清兵衛」。  続きを読む
Date: 2013-09-26 19:34 ID: 22420472

闇の歯車 [闇の歯車( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
押し込み強盗を引き受けた四人の男とその女たちの移り動く心情が絶妙なサスペンス。それぞれ寡黙に、曰くありげに飲む赤提灯の常連客四人。彼らに付きまとい押し込みを持ちかける謎の  続きを読む
Date: 2013-08-20 19:57 ID: 22370601

雪明かり [雪明かり( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
人を思う気持ちが物語になる。江戸に生きるさまざまな人々の気持ちを描いた短編集。人間の愛しさと哀しさを見つめる著者の優しい眼が前編を貫き、巧みな構成・鮮やかな結末と相まって  続きを読む
Date: 2013-08-07 20:07 ID: 22355356

藤沢周平原作『山桜』BSプレミアムで放送 [藤沢周平原作『山桜』BSプレミアムで放送 ( 藤沢周平 )|Reading Books [ 書評・ブックレビュー ] から]
藤沢周平原作の『山桜』が、本日(2013年4月16日)BSプレミアムで放送されます。  続きを読む
Date: 2013-04-16 19:02 ID: 22054036

日暮れ竹河岸 [日暮れ竹河岸 ( 藤沢周平 )|Reading Books [ 書評・ブックレビュー ] から]
人生の一部を切り取った人々の哀歓が、心地よく心を刺激する。藤沢周平の生前最後の作品集。一枚の浮世絵から主題を得た掌編、短編を収録。  続きを読む
Date: 2013-03-10 20:03 ID: 21658351

喜多川歌麿女絵草紙 [喜多川歌麿女絵草紙 ( 藤沢周平 )|Reading Books [ 書評・ブックレビュー ] から]
浮世絵師たちを通して見えてくる藤沢周平の顔。蔦屋、滝沢馬琴との交流、写楽の登場。あまり顔の見えてこない浮世絵師の生き生きとした姿が魅力。  続きを読む
Date: 2013-02-23 19:51 ID: 21555715

静かな木 [静かな木( 藤沢周平 )|偏読がすき から]
藤沢周平著『静かな木』。滋味とユーモアの溢れる藤沢周平晩年の短編集。  続きを読む
Date: 2012-12-24 19:40 ID: 21415604

江戸切絵図にひろがる藤沢周平の世界?古地図で訪ねる藤沢作品の舞台 江戸庄内鶴岡(海坂藩) [Reading Books [ 読書感想・書評・ブックレビュー ] から]
桜井洋子解説『江戸切絵図にひろがる藤沢周平の世界?古地図で訪ねる藤沢作品の舞台 江戸庄内鶴岡(海坂藩)』を読んだ。彫師伊之助とともに消えた女を捜す江戸切絵図の楽しみ。  続きを読む
Date: 2012-11-03 19:37 ID: 21270358

龍を見た男 [Reading Books [ 読書感想・書評・ブックレビュー ] から]
藤沢周平著『龍を見た男』を読んだ。結末に描き出される主人公の心情が見事。その心地よさが格別な9編。  続きを読む
Date: 2012-08-18 18:24 ID: 21077098

静かな木 [読書時雨 から]
藤沢周平著『静かな木』。短いが滋味とユーモアの溢れる藤沢周平晩年の短編集。  続きを読む
Date: 2012-05-25 18:55 ID: 20910515

静かな木 [Reading Books [ 読書感想・書評・ブックレビュー ] から]
藤沢周平著「静かな木」を読んだ。心身のリズムと幸福に呼応しあう幸せ。  続きを読む
Date: 2012-05-20 18:34 ID: 20899929

冤罪 [読書時雨 から]
嬉しくても悲しくても丸みを帯びた感情の突起が、心地よく心を刺激してくれる短編集。  続きを読む
Date: 2012-02-03 18:53 ID: 20670924

102件中  120件を表示) 1 2 3 4 5 6 次のページ




「くちこみとらば」
みんなで共有したいお得なクチコミ情報は
「くちこみとらば」にトラックバック!


「くちこみとらば」には便利な記事検索機能があるから長期間継続的にあなたの記事へのアクセスが期待できます。トラックバック・ピープルと並んでこちらもご活用ください!


カテゴリ一の一覧
BlogPeople トレンドワード